FC2ブログ

    「京劇『沙家浜』より盼望着胜利归来的侦察员、十八棵青松 」:中国人にも聞き取れない部分、分からなかった部分が判明、「葦の根から作った粗末な食事」、「最高指示」 (2023年1月11日)

    CROWNプレーヤーを修理し、レコードにはまっている。実家に行く機会がなく、未だに朝鮮のレコードの家捜しはできていないが、中国のソノシートをネットで仕入れた。

    京劇『沙家浜』の一部が収録されたレコードだが、昔、「東方紅」がIDとして使われていた「北京放送」では、何を言っているのか分からないが、京劇がよく放送されていた。時代的にはこの京劇も放送されていたのだろう。



    『沙家浜』の全体のストーリーはきちんと調べていないが、中国の動画サイトにあるフル・ムービーを見ていると国共内戦の時代を背景にした京劇のようだ。下の写真は「敵共」になるが、何となく「朝鮮芸術映画」に出てくる堕落した「南朝鮮傀儡軍」の雰囲気と似ている。
    20230111 hamaeeee

    レコードに収録されている部分の字幕に関しては、大学院生の王培璐さんの協力を得て作成できた。王さんには、映画と音源両方を聞いて頂いたが、若干異なる部分があるとのことだった。下は、王さんとのやりとりの一部であるが、上にあるのが映画の字幕でレコードの方には「マオスーシー」という音がなかったので質問してみた。
    20230111 もう3423

    王さんは若い中国語のネイティブスピーカーであるが、この部分が「何回聞いても聞き取れなかった」という。京劇独特の発音だからなのか、あるいは言っていること自体が「毛沢東語録」に書かれているような教条的な内容なので分からないのか。

    レコードのストーリーは、18人の傷病兵の物語のようだ。薬草で怪我を癒やし、青松のように強く、再び敵と戦うという意志を示しているようだ。しかし、「青松」というのは実に朝鮮でも強さを象徴する木であり、『南山の青い松』はこのレコードに収録されている「十八裸青松」に繋がる部分がある。

    おもしろい。

    <追記>
    中国の同志と思われる方から、王さんが聞き取れなかった部分についてコメントを頂いた。

    困难吓不倒英雄汉
    众人的智慧大如天
    饥餐芦根香又甜
    坚持斗争,胜利在明天

    今、王さんに意見を求めている。

    <追記2>
    この京劇の日本語字幕付き動画が見られるという情報もコメントで頂いたので参照されたい。灯台下暗しというか、中国の動画サイトで動画を探して、王さんに翻訳をお願いしたのだが、そんなものがあったとは・・・

    中国の同志と思われる方からコメントで情報提供頂いた部分に関する王さんのコメントがあった。

    まず、聞き取れなかった「饥餐芦根香又甜」はgoogleで検索したところ出てきたとのこと。王さんは「中国の検索サイトにないことから、おそらくかなり昔のバージョンなのではないかと推測されます」と言っている。この辺り、上に書いた中国の動画サイトでは見つからなかったのに、YouTubeにあったというのと少し似ている。

    それとの関係で、王さんが聞き取ってくれた2行が間違っていたということになる。王さんの翻訳では、以下のようになる。

    众人的智慧大如天 皆の知恵は天のように大きい
    饥餐芦根香又甜  葦の根から作った粗末な食事は美味しいのだ

    「葦の根から作った粗末な食事」は、大躍進時代の大飢餓と関係しているのだろうか。北朝鮮の「苦難の行軍」期に食された草の根や泥炭で作った食事と似ている。また、時代により台詞が入れ替えられているのは、政治的な事情が背景にあるのだろう。

    また、王さんはYouTube動画を見て、レコードジャケットに書かれている「最高指示」に注目した。「こんなことまで指示されるとは、呆れてしまう」と言っているが、内容は以下のとおり。

    ***************************
    20230118 DSC05555

    最高指示

    私たちの文学芸術はすべて人民大衆のためであり、まずは工農兵のためであり、工農兵のために作り、工農兵に利用されるのである。

    『延安文芸座談会での講話』
    ********************************

    これもまた、「偉大な首領、金日成同志は次のように言われた」で始まる「お言葉」と繋がるものがある。

    <追記3>
    王さんから、さらに情報を頂いた。文革研究の専門家ではないがという前提で

    **************
    もう少しこの京劇の粗筋と作成背景を調べましたが、日中戦争期に中国共産党が率いた新四軍が反共勢力との戦いの物語だそうです。
    新四軍は18人の傷病員を芦原に隠し、敵は彼らを見つけようとしましたが、失敗しました。
    芦原に隠れた傷病員たちは葦の根を食事とし、最後まで戦い抜いたということです。
    この京劇の初めての公演1964年であり、先生のおっしゃる通り、大躍進時代に餓死者が大量に出たことに繋がっていると考えられます。
    **************

    京劇ではなく、劇映画になっているともっとおもしろいと思うのだが。職場にビデオが置いてあるので直ぐには見られないのだが、何となく『芙蓉鎮』が見たくなった。タンスの奥にある(あるはず)のビデオレコーダーの修理から始めなければならないかも知れないが・・・YouTubeで探した方が早いかも。

    「東方紅」:中国語は分からないが、北朝鮮の首領や党の歌に通じている (2022年12月30日)

    数日前の記事に書いたCROWNのラジオ・プレーヤーで中国のレコードを聞いてみた。「東方紅」が入ったLPが偶然あったので買ってみた。中国の革命歌謡は「東方紅」ぐらいしか知らないが、中国語は分からないものの領導者の名前、「共産党」、「万歳」など、朝鮮の革命歌謡に繋がるものがある。きちんと調べて行くと、かなり類似した歌詞を含む楽曲がありそうなのだが、残念ながら中国語が分からないので手が出ない。



    「東方紅」をなぜ知っているのかというと、NHK教育テレビの「中国語講座」で教えていたからだ。藤堂明保講師だったはずだが、教材の一部としてこの歌を教えていた。「北京放送」でメロディーも聞き覚えがあり、何となく歌詞を音で少し覚えた。しかし今思えば、NHK教育テレビ「朝鮮語講座」(があったとして)で「金日成将軍の歌」を教えているような感じだろうか。良い時代だった。


    『三大規律八項注意』、このメロディーもよく聞いたのだが、何の歌なのか知らなかった。功勲国家合唱団が歌う朝鮮語バージョンがあったようだ。朝中交流の時にでも演奏されたのだろうか。



    朝鮮語バージョン

    Source: REVOLUTIONARY FORCE, YouTube

    北朝鮮のミサイル発射、中露の反応:想定通り、安保理に出されても同じ立場か (2022年11月2日 「中国外務省」、「TASS」)

    2日の北朝鮮の一連のミサイル発射に対しての中露の反応は以下。

    ****************
    中国の外務省報道官:「中国は朝鮮半島情勢を注視している。朝鮮半島の平和と安定を維持し、対話と協議を通じて双方の懸念を解消することは地域の共通利益となる。我々は関連国が政治的な解決、お互いの妥協、そしてエスカレーションのスパイラルを避けることを希望している。」
    : China is closely following the developments of the Korean Peninsula situation. It is in the common interest of this region to maintain peace and stability of the Peninsula and address each other’s concerns in a balanced way through dialogue and consultation. We hope relevant parties can keep to the direction of seeking political settlement, meet each other halfway, and avoid a spiral of escalation.

    MFA of China, Regular Press Conference, 2022/11/02, https://www.fmprc.gov.cn/mfa_eng/xwfw_665399/s2510_665401/2511_665403/202211/t20221102_10797433.html
    ****************
    クレムリンの報道官:「この紛争の全ての関係国はさらに緊張を高めるようなステップは避けるべきだと考えている。朝鮮半島の状況は既にとても緊張している。」
    「我々はすべの関係国が冷静になり、さらなる緊張の高まりを避けることを求めている。」

    "We believe that all parties to this conflict should avoid any steps that could further escalate tensions. The situation is already very tense on the peninsula," the Kremlin spokesman said.

    "We call on everyone to remain calm and avoid further escalation of tensions," he added.

    TASS, Kremlin calls on parties to conflict on Korean Peninsula to remain calm, 2022/11/02, https://tass.com/politics/1531433
    ***********************

    欧州で「緊張を高めている」どころか戦争をしている当事者ロシアがこれほど早くコメントを出すとは思わなかった。中国については想定内。いずれも北朝鮮を一方的に非難しておらず、この問題が安保理に持ち出されても同じ立場を貫くであろう。

    上海の地下鉄駅でバッジと朝鮮紙幣をくれる人民軍兵士 (2022年10月15日)

    少し前、知り合いからおもしろい話を聞いた。

    その人の知り合いは上海の日系企業に勤務しており、中国語はとても上手に話せる。その人が上海の地下鉄駅に1人で立っていたら、人民軍(らしき)軍服を着て、バッジさらには勲章までたくさんつけた「人民軍兵士」(らしき人物)が数人やって来て、朝鮮の紙幣(らしきもの)とバッジ(らしきもの)を差し出して、「これあげる。お土産にどう、子供が喜ぶよ」と言ったと。

    その人は怖いので「いらない」と言ってその場を立ち去ったそうだが、「中国語は下手くそだった」と。

    そもそも、人民軍の軍服を着た人物など中国をうろうろ歩いていないだろうし、さらに意味もなく勲章をつけていない(この演出が一番臭い)、そして、紙幣ならまだしもバッジをくれるなんてあり得ない。「下手くそな中国語」も演出なのかもしれないし、中国人ではない第三国人だった可能性もある。

    中国人が日本人を狙って偽バッジと偽紙幣をボッタクリ値段で売りつけようとしたのだと思う。「あげる」と言って受け取ったら、何だかんだ理由を付けながら金を取るという仕組みなのだろう。「家族が苦しいから金をくれ」ならまだしも、軍服まで着ているので「お前の日本の家に工作員を派遣する。家族が危ないぞ」とでも言うのだろうか。

    北朝鮮の新たな外貨稼ぎの手法とは思えないが。

    偽「人民軍兵士」は、どこかに行ってしまったそうだ。北京なら取り締まりの対象になりそうだが、上海は開放的なので「コスプレ」は見逃してくれるのかも知れない。

    中国では「バッジ」を付けている本当の朝鮮人民は何人も街で見たが、人民軍人は見たことがない。私だったら、50元ぐらい渡して、「意義深い」記念撮影を頼むところだったが。

    「中国、台湾問題と関連した白書発表、新時代の中国の統一偉業を積極的に推進しようという立場を闡明に」 (2022年8月21日 「朝鮮外務省」)

    21日、「中国外務省」HPに以下。

    *****************
    中国の台湾問題と関連した拍車発表、新時代の中国の統一偉業を積極的に推進しようという立場を闡明に
    중국 대만문제와 관련한 백서 발표, 새시대 중국의 통일위업을 적극 추진하려는 립장 천명

    2022.8.21.

    10日、中国国務院台湾事業弁公室と報道弁公室は共同で白書「台湾問題と新時代の中国の統一偉業」を発表した。
    지난 10일 중국국무원 대만사업판공실과 보도판공실은 공동으로 백서 《대만문제와 새시대 중국의 통일위업》을 발표하였다.

    白書は世界にはあくまでも一つの中国だけがあり、台湾が中国の一部であることは疑う余地がなく、改変させることもできないということについて多くの歴史的及び法的事実から証明した。
    백서는 세계에는 오직 하나의 중국만이 있으며 대만이 중국의 한 부분이라는것은 의심할 여지가 없고 개변시킬수도 없다는데 대해 많은 력사적 및 법적사실들을 가지고 증명하였다.

    中国共産党が一貫して台湾問題解決と中国の完全統一実現を歴史的課業として取り上げ、台湾海峡での緊張対立状態を解消し、両岸関係の発展と両岸同胞の幸福を図るために闘争した歴史、その過程で達成した成果と経験を総括しながら、白書は祖国の完全統一を達成することは中華民族の偉大な復興実現で必須的要求となっていることについて強調した。
    중국공산당이 시종일관 대만문제해결과 조국의 완전통일실현을 력사적과업으로 내세우고 대만해협에서의 긴장대립상태를 해소하며 량안관계의 발전과 량안동포들의 행복을 도모하기 위하여 투쟁한 력사, 그 과정에 이룩한 성과와 경험들을 총화하면서 백서는 조국의 완전통일을 이룩하는것은 중화민족의 위대한 부흥실현에서 필수적요구로 나선다는데 대해 강조하였다.

    また、台湾当局の「独立」追及行動と「台湾カード」をさらにひどく持ち出している米国の行為と詭弁を辛辣に暴露、批判しながら、中国の統一過程を阻害し、破壊しようとするいかなる企ても必ず失敗を免れないだろうと指摘した。
    또한 대만당국의 《독립》추구행태와 《대만주패장》을 더욱 우심하게 내들고있는 미국의 행위와 궤변을 신랄히 폭로비판하면서 중국의 통일과정을 저애하고 파괴하려는 그 어떤 시도도 반드시 실패를 면치 못할것이라고 지적하였다.

    その他にも白書は、新時代の新たな路程で、祖国統一過程を推進するための中国の党と政府の方針と政策的主張を体系的に叙述し、「一つの国、二つの制度」に基づき、平和統一が実現された後の明るい展望について具体的に明らかにした。
    이밖에도 백서는 새시대 새로운 로정에서 조국통일과정을 추진하기 위한 중국당과 정부의 방침과 정책적주장들을 체계적으로 서술하고 《한 나라, 두 제도》에 기초하여 평화통일이 실현된 후의 밝은 전망에 대해 구체적으로 밝혔다.

    今回の白書発表を通して、中国の党と政府は「台湾独立」と外部勢力の干渉を断固として反対、排撃し、国の主権と領土完定を守護し、中国の完全統一を実g年して、両岸同胞の福利を図ろうという確固たる決心と意志を内外に力強く誇示した。
    이번 백서발표를 통하여 중국당과 정부는 《대만독립》과 외세의 간섭을 단호히 반대배격하고 나라의 주권과 령토완정을 수호하며 중국의 완전통일을 실현하고 량안동포들의 복리를 도모하려는 확고한 결심과 의지를 내외에 힘있게 과시하였다.(끝)
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR