FC2ブログ

    「朝鮮民主主義人民共和国、崔ソンフィ外務省第1副相の談話」:米大統領選の風向き次第というのが真意か (2020年7月4日 「朝鮮中央通信」)

    4日、「朝鮮中央通信」に以下。

    ************
    朝鮮民主主義人民共和国、崔ソンフィ外務省第1副相の談話
    조선민주주의인민공화국 최선희 외무성 제1부상의 담화

    我々の記憶からさえも索漠と忘れられつつあった「朝米首脳会談」という言葉が、数日前から話題に上がり、国際社会の耳目を集中させている。
    우리의 기억에서마저도 삭막하게 잊혀져가던 《조미수뇌회담》이라는 말이 며칠전부터 화제에 오르면서 국제사회의 이목을 집중시키고있다.

    当事者である我々がどのように考えるのかについては全く意識せず、慌ただしく仲裁意思を表明している人がいるかと思えば、米国大統領選挙前に朝米首脳会談を行う必要性について米国執権層が共感しているという声も聞こえてきている。
    당사자인 우리가 어떻게 생각하겠는가에 대해서는 전혀 의식하지 않고 서뿌르게 중재의사를 표명하는 사람이 있는가 하면 미국대통령선거전에 조미수뇌회담을 진행해야 할 필요성에 대하여 미국집권층이 공감하고있다는 소리도 들려오고있다.

    さらには、「10月の突然のプレゼント」なるものを受け取れるという期待感を表明しながら、我々の非核化措置と条件付きの制裁緩和と交換できると考える空想家まで現れている。
    지어는 그 무슨 《10월의 뜻밖의 선물》을 받을수 있다는 기대감을 표명하면서 우리의 비핵화조치를 조건부적인 제재완화와 바꾸어먹을수 있다고 보는 공상가들까지 나타나고있다.

    私は些少な誤判や踏み外しも致命的で取り返しの付かない結果を招来することになる今のような鋭敏な時に、朝米関係の現実態を無視した首脳会談説が世論化されていることについて唖然とせざるを得ない。
    나는 사소한 오판이나 헛디딤도 치명적이고 돌이킬수 없는 후과를 초래하게 될 지금과 같은 예민한 때에 조미관계의 현 실태를 무시한 수뇌회담설이 여론화되고있는데 대하여 아연함을 금할수 없다.

    既に達成された首脳会談合意も眼中になく対朝鮮敵対視政策に執拗にしがみついている米国といったい対話や取引が成立するというのか。
    이미 이룩된 수뇌회담합의도 안중에 없이 대조선적대시정책에 집요하게 매여달리고있는 미국과 과연 대화나 거래가 성립될수 있겠는가.

    我々と新たな交渉の場を作る英断を下す意志もない米国がどんな浅茅絵で我々に歩み寄ってくるのかということは、わざわざ会わなくても明らかだ。
    우리와 판을 새롭게 짤 용단을 내릴 의지도 없는 미국이 어떤 잔꾀를 가지고 우리에게 다가오겠는가 하는것은 구태여 만나보지 않아도 뻔하다.

    米国が未だに交渉のようなことをもって我々を揺るがすことができると考えているならば誤算だ。
    미국이 아직도 협상같은것을 가지고 우리를 흔들수 있다고 생각한다면 오산이다.

    我々は既に米国の長期的な脅威を管理するためのより具体的な戦略的計算表を作成した。
    우리는 이미 미국의 장기적인 위협을 관리하기 위한 보다 구체적인 전략적계산표를 짜놓고있다.

    誰それの国内政治日程のような外部的変数により、我が国の政策が調節変更されることはない。
    그 누구의 국내정치일정과 같은 외부적변수에 따라 우리 국가의 정책이 조절변경되는 일은 없을것이다.

    長々と言うこともない。
    더 긴말할것도 없다.

    朝米対話を彼らの政治的危機を克服するための道具としか考えていない米国とは向かい合って座る必要が無い。
    조미대화를 저들의 정치적위기를 다루어나가기 위한 도구로밖에 여기지 않는 미국과는 마주앉을 필요가 없다.

    主体109(2020)年7月4日
    주체109(2020)년 7월 4일

    平壌
    평 양 (끝)
    ******************

    今日は米国の独立記念日。平壌から贈られたプレゼントがこれだった。来週はビーガンが韓国を訪問し、朝鮮半島問題を韓国側当局者と話し合う予定になっている中のプレゼントだ。

    しかし、「誰それが仲裁をすると言っている」ことや「米国執権層の共感」を認識しているとはこの「談話」から確認できた。

    米国のある世論調査では、トランプ支持率が40%なのに対してバイデンは47%だという。もちろん、トランプが「意外にも」当選した前回の米国大統領選挙でも事前の支持率や当選予測はその程度だった。

    北朝鮮としてもそうした前例があるので、強気のことを言いながらも対応に苦慮しているはずである。既に何回も書いているように、北朝鮮はトランプが勝てば、「忘れられつつあった『朝米首脳会談』」を続けることができるが、バイデンが勝てば振り出しに戻る。バイデンが勝ちそうなのに「10月の突然のプレゼント」を米国に与えてしまうことなど、北朝鮮にとっては愚策も愚策だ。バイデンが勝てば、米国はいいとこ取りだけして、さらなる非核化だけではなく、人権問題まで持ち出して北朝鮮を圧迫してくるであろう。

    一方、北朝鮮との交渉成功で功を奏してトランプが再選されることになれば、北朝鮮はトランプに大きな貸しができる。トランプが習近平に「ディール」を求めたことがボルトンの本で暴露されているように、トランプは北朝鮮に「ディール」を求めることも躊躇しないであろう。北朝鮮にとっては、トランプから大きなディールを引き出すチャンスではある。ただし、トランプが再選されることが前提となる。

    確かに現時点では崔ソンフィが「長々と言うことはない」ことも分かる。米大統領選の流れがまだ分からないからだ。関心を示しておけば十分である。

    トランプがツイート:ボルトンがリビアモデルを口にしたから、金正恩が「激怒(went ballistic)」と、トランプと握った手、ボルトンの本 (2020年6月18日)

    18日(現地時間)トランプがツイート。

    ****************
    凶人ジョン・ボルトンが国を損耗させ続けながら北朝鮮に対して「リビアモデル」を適用すると愚かにも言った時、地獄が始まった。我々との関係が良かった金正恩は彼の弾道ミサイルのように激怒した。当然そうだろう。

    彼はボルトンを知覚に寄せ付けたがらなかった。ボルトンの最も愚鈍な発言が北朝鮮との関係をとても悪い状況に押し戻し、それが今に至っている。私は「お前は何を考えているんだ?」とボルトンに尋ねた。彼は何も答えずに謝罪した。それが始まりだったのだが、私はあの時、あの場でボルトンを首にしておくべきだった!

    20200618 trup wt45989324203
    Source Twitter, 2020/06/18
    **************

    対北朝鮮と言うよりも対ボルトンのツイートなのであろうが、ボルトンが北朝鮮との交渉にマイナスな発言をしたので交渉自体が後退し、さらに「リビアモデル」はトランプの考えにないことが窺える興味深いツイートだ。

    米国の国内政治など、そもそも北朝鮮には関わりのない話なので、やはり「首脳同士の友人関係」の「握った手」を離さないままにし、トランプが大統領に再選されることを願っているのであろう。

    「南朝鮮当局者」はついに攻撃対象、「敵」になったが、トランプと「元帥様」が握った手はしばらくそのままにしていそうだ。

    そのボルトンの本、kindle版をamazonで予約しておいた。23日になれば読めそうだが、北朝鮮関連部分にどのようなことが書いてあるのかに関心がある。

    トランプ、対北制裁1年延長 (2020年6月18日 「聯合ニュースTV」)

    18日、「聯合ニュースTV」を見ていたら、トランプが対北制裁を1年延長したと。どのみち延長される措置であったにしても、このタイミングでの延長には注目する必要がある。北朝鮮はどう反応するか。

    「朝鮮民主主義人民共和国クォン・チョンソン外務省米国担当局長談話」:非核化は吹っ飛んだ (2020年6月13日 「朝鮮中央通信」)

    13日、「朝鮮中央通信」に以下。

    *************
    朝鮮民主義人民共和国外務省米国担当局長談話
    조선민주주의인민공화국 권정근 외무성 미국담당 국장 담화

    12日、南朝鮮「外交部」当局者が、朝米対話の迅速な再開のために持続的に努力するだの、朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和体制構築のための努力を継続しなければならないだのと言いながら、分不相応に騒ぎ立てた。
    12일 남조선《외교부》 당국자가 조미대화의 조속한 재개를 위해 지속적으로 노력할것이라느니,조선반도의 완전한 비핵화와 항구적인 평화체제구축을 위한 노력은 계속되여야 한다느니 하면서 주제넘게 떠벌이였다.

    朝米間の問題と、さらには核問題において論じる身分にもなれず、首を突っ込む隙間も、席もない南朝鮮当局が、朝米対話の再開を云々し、非核化について自分勝手に解釈しながら話にもならない戯言を吐いているのだから呆れてしまう。
    조미사이의 문제와 더우기는 핵문제에 있어서 론할 신분도 안되고 끼울 틈도,자리도 없는 남조선당국이 조미대화의 재개를 운운하고 비핵화에 대하여 제멋대로 해석하면서 말같지도 않은 헛소리를 치고있는데 참 어이없다.

    とぎ水に投げ込まれたなすのへたのように捨てられたのなら、今は自分の立場を考えただけでも大変なのに、坊さんが念仏を唱えるように前後の分別もなく非核化を云々するのだから話にならない。
    뜨물에 던져진 오이꼭지처럼 그만큼 버림을 받았으면 이제는 제 신세를 알고도 남음이 있겠는데 중 념불외우듯 앞뒤분별없이 비핵화를 운운하니 말이다.

    まさに1年前にも相応しくない自分の姿で見苦しく騒がず、朝米間からさっさと抜けろと忠告をしてやったと記憶しているが、今になっても入り込む名分を見つけようという下の街の人々の姿があまりにも哀れでみすぼらしい。
    바로 1년전에도 어울리지 않는 체모로 꼴불견스럽게 놀아대지 말고 조미사이에서 썩 빠지라고 충고를 준것으로 기억되는데 지금까지도 끼여들 명분을 찾아보려는 아래동네사람들의 모습이 너무나도 가긍하고 초라하다.

    言っておくが、今、朝米対話がなく、非核化が吹っ飛んだのは、仲裁者がいないからではない。
    일러두건대 지금 조미대화가 없고 비핵화가 날아난것은 중재자가 없어서가 아니다.

    強いてその理由を南側の街で楽しんで使う言葉どおりに説明するなら、非核化のための「条件造成」ができなかったからだ。
    굳이 그 리유를 남쪽동네에서 즐겨쓰는 말대로 설명한다면 비핵화를 위한 《여건조성》이 안되였기때문이다.

    非核化が実現するには、いかなる条件が成熟しなければならず、どれほど多くの山を越えなければならないのか、その概念すら知らない間抜け共が真水を飲んでゲップをするように、その過程でもオウムのように非核化を云々している姿を見ると、それほどま魯鈍なのかという思いを禁じ得ない。
    비핵화가 실현되자면 어떤 조건이 성숙되여야 하고 얼마나 많은 산들을 넘어야 하는지 그 개념조차 모르는 팔삭둥이들이 맹물마시고 트림하듯이 그 와중에도 앵무새처럼 비핵화를 운운해대는 꼴을 보면 이렇게도 아둔한가 하는 생각을 금할수 없다.

    いくら軸に入り込みたくても、このぐらいになれば、入り込めるところなのか、入り込めないところなのか見分けなければならないのではないのか。
    아무리 축에 끼우고싶어도 이쯤되고보면 끼울데 안 끼울데를 가려보아야 하지 않겠는가.

    明確にしておくが、我々は米国が課してきている持続的な脅威を制圧するために我々の核を継続して育て、我々のこうした努力はまさにこの瞬間も休むことなく継続されているということだ。
    명백히 해두건대 우리는 미국이 가해오는 지속적인 위협을 제압하기 위해 우리의 힘을 계속 키울것이며 우리의 이러한 노력은 바로 이 순간에도 쉬임없이 계속되고있다는것이다.

    我々を相手にするなら、多くの苦労をして、他の方法を見つけて接近しなければならない。
    우리를 상대하려면 많은 고심을 하고 다른 방법을 찾아 접근해야 할것이다.

    我々は2年前とは大きく異なり、今も変わっており、継続継続、恐ろしく変化することだろう。
    우리는 2년전과도 많이 변했고 지금도 변하고있으며 계속계속 무섭게 변할것이다.

    非核化という戯言は片付けてしまった方が良い。
    비핵화라는 개소리는 집어치우는것이 좋다.

    主体109(2020)年6月13日
    주체 109(2020)년 6월 13일
    平壌
    평 양 (끝)

    「我々が米国に送る答えは明白だ-朝鮮民主主義人民共和国、李ソングォン外務相談話-」:核ミサイル実験をちらつかせトランプに圧力、米朝関係が悪化する中、中国と接近か (2020年6月12日 「朝鮮中央通信」)

    12日、「朝鮮中央通信」に以下。

    ************
    我々が米国に送る答えは明白だ
    우리가 미국에 보내는 대답은 명백하다
    -朝鮮民主主義人民共和国李ソングォン外務相談話-
    --조선민주주의인민공화국 리선권 외무상 담화--

    歴史的な6.12朝米首脳会談があったときから2週目の年輪が刻まれた。
    력사적인 6.12조미수뇌회담이 있은 때로부터 두돌기의 년륜이 새겨졌다.

    732日という短くない日々と共に流れてきた朝米関係について世界は何を目撃し、歴史はいかなる教訓を残したのか。
    732일이라는 이 짧지 않은 나날들과 더불어 흘러온 조미관계를 놓고 세계는 무엇을 목격하였으며 력사는 어떤 교훈을 남겼는가.

    明白なことは、2年前、この地球の脚光を集め、大きく膨れ上がっていた朝米関係改善に対する希望は、今日、悪化上昇という絶望に変わり、朝鮮半島の平和繁栄に対する一縷の楽観させ悲観的悪夢の中に朽ち果ててしまった。
    명백한것은 두해전 이 행성의 각광을 모으며 한껏 부풀어올랐던 조미관계개선에 대한 희망은 오늘날 악화상승이라는 절망으로 바뀌였고 조선반도의 평화번영에 대한 한가닥 락관마저 비관적악몽속에 사그라져버렸다는것이다.

    地球上で最も敵対的な朝米関係に永遠の終止符を打ち、平和と繁栄の新たな協力の時代を切り開こうという朝米両国人民の念願は以前と変わっていないが、朝鮮半島情勢は日に日に悪化一路へと向かっている。
    지구상에서 가장 적대적인 조미관계에 영원한 종지부를 찍고 평화와 번영의 새로운 협력의 시대를 열어나가려는 조미 두 나라 인민들의 념원은 예전과 다를바 없지만 조선반도정세는 날을 따라 악화일로로 치닫고있다.

    去る2年間の朝米関係がそれを反証している。
    지난 2년간의 조미관계가 그것을 반증해주고있다.

    我々の最高指導部が取った北部核試験場の完全廃棄、数十体の米軍遺骨送還、抑留されていた米国国籍の重罪人達に対する特赦実施は言うまでもなく、世紀的決断となる意味ある措置であった。
    우리 최고지도부가 취한 북부핵시험장의 완전페기,수십구의 미군유골송환,억류되여있던 미국국적의 중죄인들에 대한 특사실시는 두말할것없이 세기적결단으로 되는 의미있는 조치들이였다.

    特に、我々は朝米間の信頼構築のために核実験と大陸間弾道ロケット試験発射中止措置を先制的に取っている戦略的大英断も下した。
    특히 우리는 조미사이의 신뢰구축을 위해 핵시험과 대륙간탄도로케트시험발사중지조치를 선제적으로 취하는 전략적대용단도 내렸다.

    それならば、我々が取ったこの特段の措置にはっきりと深い謝意を示した米国が、合意の一方として去る2年間、いったい何をしたのかに注目しなければならない。
    그렇다면 우리가 취한 이 특단의 조치들에 번번이 깊은 사의를 표시한 미국이 합의일방으로서 지난 2년간 도대체 무엇을 해놓았는가를 주목해보아야 한다.

    「ミサイル試験がなく、米軍遺骨が帰ってきた」
    《미싸일시험이 없으며 미군유골들이 돌아왔다.》

    「抑留されていた人質も連れて来た」
    《억류되였던 인질들도 데려왔다.》

    米合衆国を代表するホワイトハウスの主人が、いつも自慢の種としてくどくどと繰り返していた言葉だ。
    미합중국을 대표하는 백악관주인이 때없이 자랑거리로 뇌까려댄 말들이다.

    口先では我々との関係改善を標榜しながら、実際には情勢激化にだけ狂奔してきた米国により、現在、朝鮮半島は朝米双方が合意した恒久的で堅固な平和保障とは正反対へ、核戦争の幽霊が恒常的に徘徊する世界最大の熱点地域と化した。
    말로는 우리와의 관계개선을 표방하면서 실지로는 정세격화에만 광분해온 미국에 의해 현재 조선반도는 조미쌍방이 합의한 항구적이고 공고한 평화보장과는 정반대로 핵전쟁유령이 항시적으로 배회하는 세계최대의 열점지역으로 화하였다.

    昔も今も米国の核先制攻撃名簿に共和国があげられており、米国が保有している各種核打撃手段が我々を直接狙っているのが、今日の現実である。
    예나 지금이나 미국의 핵선제공격명단에 우리 공화국이 올라있고 미국이 보유하고있는 각종 핵타격수단들이 우리를 직접 겨냥하고있는것이 오늘의 현실이다.

    南朝鮮地域上空に時を構わず飛んできて、核打撃訓練をしている核戦略爆撃機とその周辺海上で群れをなして動き回っている航空母艦打撃集団は、その代表的実体である。
    남조선지역 상공으로 때없이 날아들어 핵타격훈련을 벌리고있는 핵전략폭격기들과 그 주변해상에서 떼지어 돌아치고있는 항공모함타격집단들은 그 대표적실체들이다.

    米国は、南朝鮮郡を攻撃型の軍隊に転換させるために、数百億ドル規模のステルス戦闘機と無人偵察機のような現代的な尖端装備を大々的に売りつけており、南朝鮮当局はこれに天文学的な資金を使っている。
    미국은 남조선군을 공격형의 군대로 전환시키기 위하여 무려 수백억US$규모의 스텔스전투기와 무인정찰기와 같은 현대적인 첨단장비들을 대대적으로 들이밀고있으며 남조선당국은 이에 천문학적인 자금을 떠섬겨바치고있다.

    米行政府は、千万不当で時代錯誤的な行為で一貫された2年間を通して、彼らが騒いでいた朝米間の「関係改善」は、制度的屈服であり、「安全保証」は徹底した核先制打撃であり、「信頼構築」は変わらぬ対朝鮮孤立圧殺を意味していることを隠さことなく示した。
    미행정부는 천만부당하고 시대착오적인 행위로 일관된 2년간을 통하여 저들이 떠들어온 조미사이의 《관계개선》은 곧 제도전복이고 《안전담보》는 철저한 핵선제타격이며 《신뢰구축》은 변함없는 대조선고립압살을 의미한다는것을 숨김없이 드러내보였다.

    諸般の事実は、長き70年続いてきた米国の根深い対朝鮮敵対視政策が根源的に終息されない限り、米国はこれからも我々の国家、我々の制度、我々人民に対する長期的脅威として残ることになるということを再び明白に実証している。
    제반 사실은 장장 70여년을 이어오는 미국의 뿌리깊은 대조선적대시정책이 근원적으로 종식되지 않는 한 미국은 앞으로도 우리 국가,우리 제도,우리 인민에 대한 장기적위협으로 남아있게 될것이라는것을 다시금 명백히 실증해주고있다.

    現時点でこうした疑問点が生まれる
    현시점에서 이런 의문점이 생긴다.

    我々の最高指導部と米国大統領との友人関係が維持されているからといって、実際に朝米関係が良くなったことは一つもないのに、シンガポールで握手した手を継続して握っている必要があるのかと言うことだ。
    우리 최고지도부와 미국대통령과의 친분관계가 유지된다고 하여 실지 조미관계가 나아진것은 하나도 없는데 싱가포르에서 악수한 손을 계속 잡고있을 필요가 있겠는가 하는것이다.

    今までの現政権の行跡を振り返ってみると、政治的業績稼ぎ以上のなにものでもない。
    지금까지 현 행정부의 행적을 돌이켜보면 정치적치적쌓기이상 아무것도 아니다.

    我々は、再びいかなる対価もなく米国執権者に業績宣伝材料という贈り物を投げてやらない。
    우리는 다시는 아무러한 대가도 없이 미국집권자에게 치적선전감이라는 보따리를 던져주지 않을것이다.

    実体がない約束よりも偽善的なものはない。
    실천이 없는 약속보다 더 위선적인것은 없다.

    我々の最高指導部は、歴史的な党中央軍事委員会第7期第4回拡大会議で、造成された対内外情勢に合った国家核発展戦略を討議し、米国の長期的な核戦争脅威に対処するために国の核戦争抑止力をさらに強化することについて厳粛に明らかにした。
    우리 최고지도부는 력사적인 당중앙군사위원회 제7기 제4차확대회의에서 조성된 대내외정세에 부합하는 국가핵발전전략을 토의하고 미국의 장기적인 핵전쟁위협에 대처하기 위해 나라의 핵전쟁억제력을 더욱 강화할데 대하여 엄숙히 천명하였다.

    ポムペオをはじめとした米国の政治家達は、口を開けば米国の変わらぬ目標は朝鮮半島非核化だとほざいている。
    폼페오를 비롯한 미국의 정객들은 입만 벌리면 미국의 변함없는 목표는 조선반도비핵화라고 줴쳐대고있다.

    我が共和国の変わらぬ戦略的目標は、米国の長期的な軍事的脅威を管理するためのより現実的な力を育てることである。
    우리 공화국의 변함없는 전략적목표는 미국의 장기적인 군사적위협을 관리하기 위한 보다 확실한 힘을 키우는것이다.

    これが、6.12の2周年を迎え我々が米国に送る答えである。
    이것이 6.12 2돐을 맞으며 우리가 미국에 보내는 답장이다.

    主体109(2020)年6月12日
    주체109(2020)년 6월 12일
    平壌
    평 양(끝)

    *********************
    シンガポール朝米首脳会談から2年が過ぎた時点で「米国に送る答え」を北朝鮮が出してきた。トランプと「元帥様」の友人関係が依然として維持されていることは認めながらも、「握手した手を握り続ける必要があるのか」と疑問を呈している。その一方で、米国からの軍事的脅威に対抗するための「現実的な力を育てる」としている。「現実的な力」は「核戦争抑止力」ということになるが、それがなんであるのかが問題である。

    トランプが実績宣伝に使った風呂敷の贈り物は、ICBMと核実験の中断であるが、「もう送らない」とこれらの再開を匂わせている。北朝鮮がこれらを再開すれば、大統領選を目前に控えたトランプにとっては大きな打撃となる。それでなくても苦戦しているトランプの首をさらに絞め米国からの妥協を引き出す作戦とみられるので、実際にICBM発射や核実験を直ぐにすることはないであろう。だとして、米国から何を得ようとしているのだろうか。トランプも国内問題で汲々としており、北朝鮮どころではないことは彼らも知っているはずである。

    だとすると、中国向けのメッセージの可能性が出てくる。中米関係は悪化しており、記事にはしなかったが、北朝鮮は香港問題などで積極的に中国を支持するメッセージを送っている。中米関係が悪化すれば、中国は北朝鮮を自分の側において、米国に対する圧力に使うことを考えるだろう。

    コロナの影響で外交活動ができていない「元帥様」が、突然、中国訪問をする可能性もある。
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR