FC2ブログ

    「二重基準はより重大な事態を招くであろう-朝鮮民主主義人民共和国チョ・チョルス外務省国際機構局長談話-」 (2021年3月29日 「朝鮮中央通信」)

    29日、「朝鮮中央通信」に以下。

    *****************
    二重基準はより重大な事態を招くことになる
    이중기준은 보다 엄중한 사태를 초래할것이다
    -朝鮮民主主義人民共和国チョ・チョルス外務省国際機構局長談話-
    --조선민주주의인민공화국 조철수 외무성 국제기구국장 담화--

    25日に行われた我々の新型戦術誘導弾試験発射は、朝鮮半島にもたらされている軍事的脅威を抑制し、我が国の平和と繁栄を守護するための正々堂々たる自主権の行使である。
    25일 진행된 우리의 신형전술유도탄시험발사는 조선반도에 가해지는 군사적위협을 억제하고 우리 국가의 평화와 번영을 수호하기 위한 정정당당한 자위권의 행사이다.

    ところが、我が国の自衛権を否定しようという重大な試みが公然と発生している。
    그런데 우리 국가의 자위권을 부정하려는 위험한 시도가 공공연히 나타나고있다.

    26日、緊急招集された国連安全保証理事会対朝鮮制裁委員会非公開実務級協議で、米国は我々の自衛的措置を「国連決議違反」と問題視しながら、「制裁履行強化」と「追加制裁適用」を主張した。
    26일 긴급소집된 유엔안전보장리사회 대조선제재위원회 비공개실무급협상에서 미국은 우리의 자위적조치를 《유엔결의위반》으로 걸고들면서 《제재리행강화》와 《추가제재적용》을 주장하였다.

    30日には、英国、フランスのような一部の国々の提起により、我々の新型戦術誘導弾試験発射問題を論議する国連安全保証理事会非公開会議を招集することにしたという。
    30일에는 영국,프랑스와 같은 일부 나라들의 제기에 따라 우리의 신형전술유도탄시험발사문제를 론의하는 유엔안전보장리사회 비공개회의를 소집하기로 하였다고 한다.

    米国の対朝鮮敵対視政策の直接的産物である国連「決議」に準じて、国連安全保証理事会が我が国の自衛権に属する正常的な活動を問題視することは、主権国家に対する無視であり、明白な二重基準である。
    미국의 대조선적대시정책의 직접적산물인 유엔《결의》들에 준하여 유엔안전보장리사회가 우리 국가의 자위권에 속하는 정상적인 활동을 문제시하는것은 주권국가에 대한 무시이며 명백한 이중기준이다.

    世界の多くの国々が軍事力強化を目的に様々な形態の発射体を打ち上げているのに、我々の正々堂々たる自衛的措置だけを問題視するというのは、話にならない。
    세계의 많은 나라들이 군사력강화를 목적으로 각이한 형태의 발사체들을 쏘아올리고있는데 유독 우리의 정정당당한 자위적조치만 문제시한다는것은 말도 되지 않는다.

    客観性と公正性の原則からしてもそうだ。
    객관성과 공정성의 원칙에서 보아도 그러하다.

    問題発生の根源を客観的に公正に明らかにすることは、問題解決の初歩的な順理であり、順序である。
    문제발생의 근원을 객관적으로 공정하게 밝히는것은 문제해결의 초보적인 순리이고 순차이다.

    国連安全保証理事会は米国が常に我が共和国に反対する戦争演習を我々の面前で強行するときには口を紡ぎ、我が国が国家の安全保障のために取っている自衛的対応措置に対しては何でもかんでも問題視している。
    유엔안전보장리사회는 미국이 때없이 우리 공화국을 반대하는 전쟁연습을 우리의 면전에서 강행할 때에는 함구무언하다가도 우리가 국가의 안전보장을 위해 취하고있는 자위적대응조치들에 대해서는 무작정 걸고들고있다.

    では、我々の自衛的措置を問題視している米国、英国、フランスはどうなのか。
    하다면 우리의 자위적조치를 걸고드는 미국,영국,프랑스는 어떠한가.

    米国がシリア領土に対する空襲を行ったのは少し前のことであり、英国が核軍縮義務を捨て去り、核弾頭を大幅に増やすと公式発表したのも数日前のことであり、フランスが新世代多弾頭大陸間弾道ミサイル試験発射をしたのもそんなに前のことではない。
    미국이 수리아령토에 대한 공습을 감행한것은 얼마전의 일이며 영국이 핵군축의무를 저버리고 핵탄두수를 대폭 늘이겠다고 공식 발표한것도 며칠전의 일이며 프랑스가 새 세대다탄두대륙간탄도미싸일시험발사를 진행한것도 그리 오래전의 일이 아니다.

    こうした行為が国連安全保障理事会で問題視されたり取り扱われたことは、たった1度もない。
    이러한 행위들이 유엔안전보장리사회에서 문제시되거나 취급된적은 단 한번도 없었다.

    世界の平和と安定を破壊している誰それよりも先頭に立っているのは、こうした国々が我々の自衛的措置を問題視していること自体が言語道断である。
    세계의 평화와 안정을 파괴하는데 누구보다 앞장서고있는 이런 나라들이 우리의 자위적조치를 걸고들고있는것자체가 언어도단이다.

    私は国連安全保障理事会が極度の偏見と二重基準を持って、我が共和国を狙った会議と調査を行っていることについて、主権国家の尊厳と自主権に対する厳重な侵害として、国連憲章に対する乱暴な違反として強く糾弾する。
    나는 유엔안전보장리사회가 극도의 편견과 이중기준을 가지고 우리 공화국을 겨냥한 회의와 조사를 벌려놓고있는데 대하여 주권국가의 존엄과 자주권에 대한 엄중한 침해로,유엔헌장에 대한 란폭한 위반으로 강력히 규탄한다.

    国連安全保障理事会が本来の使命に合わせて世界の平和と安全保障に貢献しようとするなら、公正性と客観性、均衡性の原則から徹底して守らなければならない。
    유엔안전보장리사회가 본연의 사명에 맞게 세계의 평화와 안전보장에 이바지하려면 공정성과 객관성,형평성의 원칙부터 철저히 지켜야 할것이다.

    国連安全保障理事会が二重基準に継続してしがみつくなら、朝鮮半島で情勢緩和ではなく激化を、対話ではなく対決だけを煽ることになる。
    유엔안전보장리사회가 이중기준에 계속 매여달린다면 조선반도에서 정세완화가 아닌 격화를,대화가 아닌 대결만을 부추기게 될것이다.

    我々は国連安全保障理事会の一部のメンバー国が自主的な国の主権を侵害し、発展を阻害するための不純な目的実現に幸連を盗用していることについて絶対に見過ごすことはない。
    우리는 유엔안전보장리사회의 일부 성원국들이 자주적인 나라들의 주권을 침해하고 발전을 저해하기 위한 불순한 목적실현에 유엔을 도용하고있는데 대하여 절대로 간과하지 않을것이다.

    我々の自主権を侵害する試みは、必ず相応の対応措置を誘発させることになる。
    우리의 자위권을 침해하려는 시도는 기필코 상응한 대응조치를 유발시키게 될것이다.

    主体110(2021)年3月28日
    주체110(2021)년 3월 28일
    平壌
    평 양(끝)

    「李ビョンチョル朝鮮労働党中央委員会秘書談話」 (2021年3月27日 「朝鮮中央通信」)

    27日、「朝鮮中央通信」に以下。

    ****************
    李ビョンチョル朝鮮労働党中央委員会秘書談話
    리병철 조선로동당 중앙위원회 비서 담화

    今回行った新型戦術誘導弾試験発射は、我が党と政府が国家防衛力を強化するために提示した国防科学政策目標を貫徹することにおいて経た一つの工程であり、主権国家の堂々たる自衛権に属する行動である。
    이번에 진행된 신형전술유도탄시험발사는 우리 당과 정부가 국가방위력을 강화하기 위해 제시한 국방과학정책목표들을 관철해나가는데서 거친 하나의 공정으로서 주권국가의 당당한 자위권에 속하는 행동이다.

    我々は、南朝鮮と米国が危険な戦争演習と先端兵器搬入を持続的に行い、常時、朝鮮半島の軍事的脅威を造成している現状況で、我が国の安全を信頼性を持って守護するための徹底した物理的な力を備蓄せざるを得なくなった。
    우리는 남조선과 미국이 위험한 전쟁연습과 첨단무기반입놀음을 지속적으로 벌리며 상시 조선반도의 군사적위협을 조성하고있는 현 상황에서 우리 국가의 안전을 믿음직하게 수호하기 위한 철저한 물리적힘을 비축하지 않으면 안되게 되여있다.

    我が国の自衛権に属する正常な兵器試験について、米国の執権者が国連「決議」違反だと問題視し、極度に体質化した対朝鮮敵対感を示したことについて強い憂慮を示す。
    우리 국가의 자위권에 속하는 정상적인 무기시험을 두고 미국의 집권자가 유엔《결의》위반이라고 걸고들며 극도로 체질화된 대조선적대감을 숨김없이 드러낸데 대하여 강한 우려를 표한다.

    米国大統領のこうした発言は、我が国の自衛権に対する露骨な侵害であり挑発である。
    미국대통령의 이러한 발언은 우리 국가의 자위권에 대한 로골적인 침해이며 도발이다.

    米国は核戦略資産を常時、朝鮮半島に持ち込み、大陸間弾道ミサイルを発射しても良いが、交戦相手である我々は戦術兵器試験もしてはならないというのは、強盗的論理である。
    미국은 핵전략자산들을 때없이 조선반도에 들이밀고 대륙간탄도미싸일을 쏘아올려도 되지만 교전상대인 우리는 전술무기시험도 하지 말아야 한다는것은 강도적론리이다.

    我々は、ワシントンで政権が変わった後、機会があるごとに我々を最も重大な「安保の脅威」と問題視し、我が国の自主権と尊厳に触れる言行を行ってきたことについて正確に忘れずにいる。
    우리는 워싱톤에서 정권이 바뀐 후 기회가 있을 때마다 우리를 가장 중대한 《안보위협》으로 걸고들며 우리 국가의 자주권과 존엄을 건드리는 언행들을 일삼은데 대하여 정확히 잊지 않고있다.

    米国の新たな政権の好戦的な姿勢は、我々がどの道に進まなければならないのかを再び示しており、我々に我々がすべきことの正当性を再び認識させてくれた。
    미국의 새 정권의 호전적인 자세는 우리가 어느 길로 가야 하는가를 다시금 가리켜주고있으며 우리에게 우리가 할 일의 정당성을 또 한번 인식시켜주었다.

    我々は、決して誰某の関心を引いたり、政策に影響を与えるために兵器を開発しているのではない。
    우리는 결코 누구의 관심을 끌거나 정책에 영향을 주기 위해 무기를 개발하는것이 아니다.

    米国が大洋を渡り交戦相手方の前庭で展開している戦争演習が「防衛的」であるなら、我々も米国の軍事的脅威を米国本土で制圧できる堂々たる自衛的権利を持たなければならない。
    미국이 대양건너 교전일방의 앞마당에서 벌려놓는 전쟁연습이 《방어적》인것이라면 우리도 미국의 군사적위협을 미국본토에서 제압할수 있는 당당한 자위적권리를 가져야 한다.

    私は、米国の新政権がはじめの一歩を明らかに誤って踏み出したと思っている。
    나는 미국의 새 정권이 분명 첫시작을 잘못 떼였다고 생각한다.

    前後の計算もできず、言いたいことばかり言ってる場合、米国はよからぬことに直面する可能性もある。
    앞뒤 계산도 못하고 아무런 말이나 계속 망탕 하는 경우 미국은 좋지 못한 일을 마주하게 될수도 있다.

    我々は我々がしなければならないことをしっかりと分かっている。
    우리는 우리가 해야 할 일을 잘 알고있다.

    我々は継続して最も徹底して、圧倒的な軍事力を育てる。
    우리는 계속하여 가장 철저하고 압도적인 군사력을 키워나갈것이다.

    主体110(2021)年3月26日 平壌
    주체110(2021)년 3월 26일

    평양(끝)

    「国防科学院、新型戦術誘導弾試験発射を行う」:「党中央委員会第8期第1回全員会議記念閲兵式」に登場した兵器、握手をする「元帥様」 (2021年3月26日 「労働新聞」)


    Source; KCTV, 2021/03/26

    26日、『労働新聞』に以下。

    *************
    国防科学院、新型戦術誘導弾試験発射を行う
    국방과학원 신형전술유도탄시험발사 진행

    朝鮮民主主義人民共和国国防科学院は、3月25日、新たに開発した新型戦術誘導弾試験発射を行った。
    조선민주주의인민공화국 국방과학원은 3월 25일 새로 개발한 신형전술유도탄시험발사를 진행하였다.

    朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員であり、党中央委員会秘書である李ビョンチョル同志と朝鮮労働党中央委員会軍需工業部幹部、国防科学研究部門の指導幹部が武器試験を指導した。
    조선로동당 중앙위원회 정치국 상무위원회 위원이며 당중앙위원회 비서인 리병철동지와 조선로동당 중앙위원회 군수공업부 일군들, 국방과학연구부문의 지도간부들이 이 무기시험을 지도하였다.

    新たに開発した新型戦術誘導弾は、既に開発された戦術誘導弾の核心技術を利用しながら、弾頭重量を2.5tに改良した武器システムである。
    새로 개발한 신형전술유도탄은 이미 개발된 전술유도탄의 핵심기술을 리용하면서 탄두중량을 2.5t으로 개량한 무기체계이다.

    試験発射した2機の新型戦術誘導弾は、朝鮮東海上600km水域の設定された目標を正確に打撃した。
    시험발사한 2기의 신형전술유도탄은 조선동해상 600km 수역의 설정된 목표를 정확히 타격하였다.

    国防科学院は、試験発射直後、今回の試験発射は確信性を持って予想したとおりに大変成功裏に行われたとし、数回のエンジン地動噴出試験と試験発射過程を通して、改良型固体燃料エンジンの信頼性を確証し、既に異なる誘導弾に適用されている低高度滑空跳躍型飛行方式の変則的な軌道特性もまた再確証されたと明らかにした。
    국방과학원은 시험발사직후 이번 시험발사는 확신성있게 예견한바 그대로 대단히 성공적으로 진행되였다고 하면서 수차례에 걸치는 발동기지상분출시험과 시험발사과정을 통하여 개량형고체연료발동기의 믿음성을 확증하였으며 이미 다른 유도탄들에 적용하고있는 저고도활공도약형비행방식의 변칙적인 궤도특성 역시 재확증하였다고 밝혔다.

    李ビョンチョル同志は、今日の武器試験が党第8回大会が提示した国防科学政策を貫徹していく上で重要な工程となるとしながら、この武器体系の開発は我々の軍事力強化と朝鮮半島に存在している各種の軍事的脅威を抑制することにおいて大きな意義を持つと評価した。
    리병철동지는 오늘의 무기시험이 당 제8차대회가 제시한 국방과학정책을 관철해나가는데서 중요한 공정으로 된다고 하면서 이 무기체계의 개발은 우리의 군사력강화와 조선반도에 존재하는 각종 군사적위협들을 억제하는데서 커다란 의의를 가진다고 평가하였다.

    李ビョンチョル同志は、試験発射の成功裏な結果を即時、総秘書同志にご報告し、党中央の祝賀を国防科学研究部門に伝達した。
    리병철동지는 시험발사의 성공적인 결과를 즉시 총비서동지께 보고드리고 당중앙의 축하를 국방과학연구부문에 전달하였다.

    朝鮮中央通信
    【조선중앙통신】

    20210326_page_2_image_0003.jpg
    Source: 『労働新聞』、2021/03/26
    ********************

    今朝見たときはなかったか、見落としていたのか分からないが、しばらく接続不能になっていた『労働新聞』に接続できたら、この記事があった。

    「弾頭重量を2.5tに改良した」とあるが、弾頭部分の重量を軽量化したという意味なのか、弾頭積載重量なのか、弾頭自体を軽量化したので、積載量が増えたののか、明らかではないが、いずれにしても兵器としての性能は向上したということなのであろう。

    飛行距離は短いが、弾道軌道で落下後、「低高度滑空跳躍型飛行方式の変則的な」飛行が可能な迎撃が難しいイスカンダル型ミサイルの新型ということであろう。

    このミサイル、「党中央委員会第8期第2回全員会議記念閲兵式」にも登場している。

    20210115 eppei misairu lkdst098432tfdhjkgjakdshgkadadsf
    Source: KCTV, 2021/01/15

    新型戦術誘導弾が登場したシーンで握手をする「元帥様」
    2021015 akushou lkga-09t482 ajdskhg adjkghe
    Source: KCTV, 2021/01/15

    「第8回党大会慶祝閲兵式」に登場した11軸の「火星-X」型ミサイルが登場したときも「元帥様」はこの表情だったので、もしかすると、あれもモックではなく、飛行可能なミサイルなのかも知れない。

    「党第8期第1回全員会議記念閲兵式」より新型戦術誘導弾登場部分

    Source: KCTV, 2021/01/15

    パレードの最後のわりにはショボい兵器を出すなと思って見ていたのだが、実はこれだった。

    バイデン、北朝鮮の「短距離弾道ミサイル」を「安保理決議違反」と問題視 (2021年3月26日 「White House」)

    北朝鮮が25日7時頃、短距離「弾道」ミサイル2発を日本海に向けて発射した。飛行距離は450km、高度は60kmと伝えられている。

    北朝鮮は、このミサイル発射について報じていない(「朝鮮中央通信」は現在、アクセス状態が悪くて見ることができていない)。26日の『労働新聞』には、「元帥様」が新型バスを視察したり、新たな住宅建設を指導する記事は掲載されているが、ミサイル発射に関する報道はない。

    北朝鮮が発射したミサイルは、飛行距離は高度からすると、2019年にも繰り返し発射し、2020年3月にも発射した「超大口径放射砲」ではないかと思われる。トランプは、この「超大口径放射砲」について「どの国も行うような通常の軍事訓練」として、安保理決議違反であるという認識は示さず問題視しなかった。

    バイデンは、25日の記者会見で、今回のミサイル発射を「安保理決議違反」として非難している。同じミサイルを発射したにもかかわらず、米国の政権担当者により「安保理決議違反」になったりならなかったりするというのは、まさに「安保理決議」の基準や運用が事実上、米国により決められていることを示している。

    念のため確認しておくと、安保理決議では、「弾道技術(ballistic technology)を使った発射」は全て禁止されている。

    北朝鮮が黄海に向けて「巡航」ミサイルを発射し、翌日、日本海に向けて「弾道」ミサイルを発射したのは、明らかに「安保理決議」に関する米国の基準を確認するためであったのだろう。米国は、「巡航」については問題なし、「弾道」については「決議違反」と、安保理決議をそのまま適用している。

    バイデンは、「同盟国やパートナーと共調しながら、北朝鮮が(ミサイル実験などを)エスカレートさせるなら、我々はそれに応じた措置を取る」と言っているが、一体何ができるのだろうか。一方で、「外交的努力もする」としているが、その条件は「非核化」だとしている。バイデンは「非核化」としているが、「北朝鮮の」とも「朝鮮半島の」とも言っていない。しかし、バイデンは、日本首相菅がよくやるように、北朝鮮のミサイル発射に対する答弁は官僚のメモに目を落としたまま読み上げている。

    20210326 biden miss whitehouse lk09528435trajkhgauihg 03259809323
    Source: White House, YouTube, https://www.youtube.com/watch?v=ynG4j-BsRhI

    バイデンは「オバマがトランプが政権についたとき、北朝鮮は最高の外交課題(the top foreign policy issue)だと言ったが、あなたもそのような評価か」との質問に対して、短く「yes」と答えている。「最高の外交課題」である割には、メモを読み上げたり、「yes」としか答えられないなど、実は「最高」ではないのか、方策が見当たらないのか、とちらかであろう。

    これは、バイデンが中国との関係について質問をされたとき、自分の言葉で色々と話をしていることと比較してもよく分かる。

    一方北朝鮮であるが、上記のように「元帥様」はミサイル発射などなかったかのように経済部門の「現地指導」をしている。

    と、ここまで書いたところで、「朝鮮中央通信」が昨日のミサイル発射について報じたという「聯合ニュースTV」の報道が入ってきた。「朝鮮中央通信」はいくつかのネットワークからアクセスを試みているが、今のところ見ることができない状態が続いている。

    「聯合ニュースTV」の報道から分かったことは、25日の発射は「戦術誘導弾イスカンダル型」ミサイル、「東海上600kmの目標に命中」、「弾頭の重量を2.5tに改良した」、「改良型固形燃料を使用し、低高度滑空跳躍型飛行方式の変則的な軌道特性を再確認」、「李ビョンチョルが現場で確認」などである。

    「聯合ニュースTV」、https://www.yonhapnewstv.co.kr/news/MYH20210326004500038?srt=l&d=Y

    上で予想したように「大口径放射砲」ではなかったので、北朝鮮の意図は書こうと思っていたことと少し異なることとなる。「朝鮮中央通信」の記事を確認した上で、続きを書こうと思う。

    北朝鮮、先週末に短距離ミサイル発射、米高官「通常の実験活動」と、米韓日は発射時に未発表、<追記>ミサイルは「巡航型」 (2021年3月24日 「共同通信」)

    24日、『共同通信』などが、先週末に北朝鮮が「短距離ミサイル」を発射したと報じている。

    『共同通信』は、米高官の言葉として、この発射は「通常の軍事活動」だと伝えている。そもそも、「短距離ミサイル」が「弾道」なのかどうかが問題となるが、この点は明らかにされていない。「弾道」でなければ、安保理制裁違反にはならない。

    また、ミサイル発射の事実を米軍、韓国軍、自衛隊、いずれも発表していない。発射した事実を探知できなかったのか、あるいは政治的な理由から発表を見送っていたのかは不明ながら、現時点で後者である可能性は低いので、探知できなかったのか、確認に時間がかかったのであろう。

    ミサイルの種類も含めて、米軍、韓国軍、自衛隊全てが、北朝鮮のミサイル発射を探知できていなかったとすれば、これは重大な安全保障上の問題と言わざるを得ない。

    <追記>
    『聯合ニュースTV』が報じたところによると、北朝鮮が発射したミサイルは「巡航ミサイル」だったのこと。また、ミサイル発射について「韓米間の緊密な共調で北のミサイル発射を実時間で把握」していたが、全てのミサイル発射を公開はしていないとし、今回の異例のミサイル発射発表に至った経緯を説明した。

    安倍政権時代、韓国との関係が悪化する中、幼稚なミサイル発射発表競争をしていた日本は、このようなときにこそ独自の発表をすべきだと思われるが、探知できていなかったのか、政治的な理由があったのか。この巡航ミサイルの飛行距離はまだ発表されていないが、公海上に到達しているのであれば、当然、日本の船舶も含む外国船舶に対する脅威となるはずだが。

    https://www.yonhapnewstv.co.kr/news/MYH20210324009400641?srt=l&d=Y
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR