FC2ブログ

    「敬愛する金正恩同志に中国共産党総書記である中華人民共和国主席、中央軍事委員会主席が返信を送って来た」 (2013年3月22日 「労働新聞」)

    「労働新聞」に金正恩さんが習近平さんに送った祝電に対する返信が来たという記事が出た。

    返信では「中朝両国は親善的な隣国です」とした上で、「新たな情勢の中で、私はあなたと共に伝統的な中朝親善協力関係のたゆまぬ発展を進展させ、両国の繁栄と地域の平和と安定を促進することに寄与することを願います」としている。「新たな情勢」という表現が使われているが、それが「習近平新体制」を意味するのか、それとも12月の北朝鮮によるロケット発射以降出された2つの安保理決議を受けた「情勢」であるのか、あるいはその両方を意味するのかは分からない。しかし、「新たな情勢」と「中朝親善協力関係」を敢えて並記しているのは、これまでの中朝関係に何らかの変化をもたらされるであろうというメッセージを込めた可能性がある。

    過去のこのようなオケージョンに中国指導者が北朝鮮指導者に送った返信と比較してみれば「新たな情勢」の意味をもう少し特定することができようが、中国の対北朝鮮政策に変化が現れているという報道も見られるので、今後の中朝関係に注目する必要がある。

    習近平さんの外遊スケジュールは発表されており、ロシア訪問後は、アフリカ諸国を回ることになっている。ロシア訪問は対米勢力としての結束を固める目的であろうし、アフリカは中国がアフリカに持つ経済権益を確固としたものにするためであろう。しかし、彼の訪朝や金正恩さんの訪中については全く話がない。

    「キーリゾルブ」もサイバーテロの非難合戦があったものの、軍事衝突に至ることなく終了した。「トクスリ」訓練はまだ続く。「20時報道」の「全面対決戦」特集はまだ昨日もあったが、今後、「太陽節」特集になっていくと思われる。向こう数週間は、太陽節に向けた祝賀ムードを高めつつ、「全面対決戦」は一旦トーンを下げると思われる。

    また、最高人民会議第12期第7次大会が4月1日に招集されており、人事や経済関連の事項が決定されると予想される。

    しかし、4月25日には朝鮮人民軍創建記念日があるので、これを前後して何らかの軍事的挑発を行う可能性は排除できない。タイミング的にも、「トクスリ」が終わる時期であり、「キーリゾルブ」と「トクスリ」を合わせた報復ということにするかもしれない。

    しかし、「全面対決戦」は、「米国」、特に最近ではピンポイントでオバマさんやホワイトハウスをターゲットとしており(沖縄やグアムの米軍基地も「照準」に入っているとは言っているが)、「傀儡一味」の「軍部好戦狂」はターゲットの下位に置かれている。その意味では、昨年この時期の反李明博キャンペーンと相当にトーンが異なっている。

    当面は、最高人民会議で何が決まるのかに注目する必要がありそうだ。

    『労働新聞』、「경애하는 김 정 은동지께 중국공산당 중앙위원회 총서기인 중화인민공화국 주석,중앙군사위원회 주석이 답전을 보내여왔다」、http://www.rodong.rep.kp/InterKo/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2013-03-22-0002

    『労働新聞』、「조선민주주의인민공화국 최고인민회의 상임위원회 결정 제121호 주체102(2013)년 3월 20일 조선민주주의인민공화국 최고인민회의를 소집함에 대하여」、http://www.rodong.rep.kp/InterKo/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2013-03-21-0004&chAction=L

    msn、「中国・習近平主席、22日からロシアなど初外遊」、http://sankei.jp.msn.com/world/news/130318/chn13031819080009-n1.htm

    uriminzoku-TV、「[화면편집물] 우리도 준비되였다」、http://www.uriminzokkiri.com/php_tmp/download.php?categ1=11&no=14027

    『労働新聞』、「미국의 로골적인 핵공갈을 그보다 더 위력한 우리 식의 군사적대응으로 짓부셔버릴것이다 조선인민군 최고사령부 대변인 기자의 질문에 대답」、http://www.rodong.rep.kp/InterKo/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2013-03-22-0007&chAction=D

    「敬愛する金正恩同志が全国軽工業大会でなさった演説」 (2013年3月19日 「労働新聞」)

    養魚場の現地指導以外ではこのところ軍関連の現地指導ばかりしていた金正恩さんだが、全国軽工業大会に出席して軽工業を発展させて人民経済向上させることに関する演説を行った。しかし、演説の中に、改革に繋がるような特徴を見いだすことはできなかった。

    演説では「米国と傀儡一味」により造り出された朝鮮半島の緊張状態に触れた上で、「朝鮮半島で新たな戦争を防ぎ平和的な環境で経済建設を進めて、人民生活問題を一日も早く解決しようというのは、我が党の確固不同たる立場です」と、戦争の雰囲気が高まる中でも「全国軽工業大会」を開催することの意味を強調している。しかし、休戦協定を白紙化した上、全面対決戦に突入した後、いかにして「新たな戦争を防ぎ平和的な環境」を造成するのかについては触れていない。「核抑止力」こそがそれをもたらすと考えているのかもしれないが、少なくとも現状はその逆である。

    軽工業の現状にについては「我が国に建設された軽工業の土台は確固たるものであり、既存の工場、企業所をフル稼働させれば、我が人民の生活上の要求と嗜好に合った様々な消費財を基本的に提供できる」とし、現行設備を十分に稼働させることの重要性について述べている。

    しかし、「将軍様が軽工業部門の工場や企業所、商業施設を現地指導される毎に、試作品や見本を作り展示したり、商店に陳列するだけではなく、生産を正常化して実際に人民に提供しなければならないことについて強く求められた」にもかかわらず、「将軍様の偉勲は貫徹されておらず」とし依然として現状は改善されていないという認識を示している。

    軽工業部門がまず取り組まなければならない課題として「人民生活に必要な消費財を大量生産し、特に、基礎食品と1次消費財生産を決定的に増やさなければならない」を挙げている。「基礎食品」とは日常的に使う日本で言うところの味噌や醤油といった加工食品であろうが、「1次消費財」というのが何か分からないが、想像するに衣食住の衣に当たる製品であろう。金正恩さんの認識でも、依然として衣食が十分に満たされていないものとみられる。

    しかし、量の問題だけではなく「生産計画を遂行したと言いながら、生産量にだけこだわり、消費財の室を軽視する間違った傾向を徹底して警戒しなければならない」とも述べ、質の問題も指摘している。しかし、北朝鮮ではまず量を確保することが重要であるはずだ。それにもかかわらず質について述べているのは、一部工場で生産されている消費財の中に使用に耐えられないようなものが含まれているからなのであろうか。

    「我が人民の文化的水準と生活上の要求は、日に日に高まっており、人民が使おうとしない質が低い消費財は幾ら生産しても意味がない」とも語っているので、平壌市民のように相対的に「文化的水準」が高い生活をしている人々にとっては、そういうことなのであろう。言外に北朝鮮製を好まず、中国製を好む傾向を批判しているのかもしれない。

    軽工業部門で生産がふるわない原因を「軽工業は生産循環周期が短く、生産物が早く消費される特性があるので、原料や資材を適切に供給する問題が生産を正常化するための重要な課題となっています」と、工場が稼働しないのは工場自体の責任ではなく、生産活動に必要な原料が十分に供給されないところにあると指摘している。

    それを解決するためには「当面、人民生活資金を供給することになっている部署の役割を高めなければなりません」としている。「人民生活資金を供給」といっているので、資本主義経済における金融機関と思いきやどうやらそうでないようで、そうした部署は「軽工業発展のフロントラインを守るという責任感を持ち、生産を大々的に増やし、生産と輸出の一体化を実現して外国との加工貿易を拡大発展させなければならない」といっている。これも分かりにくい表現であるが、中国からの委託加工を行っている企業や開城工業団地内の企業のことを言っているようである。やはり、北朝鮮の人民生活水準を引き上げるための基本的な問題は、これら海外と提携関係にある企業がどれだけ外貨を稼ぐのかという所にかかっているようである。

    しかし、金正恩演説では「軽工業原料、資材問題を解決するための根本的な方策は、原料や資材の国産化を実現することです」と相変わらず「自力更生」も強調している。「工場を現代化するといいながら、他人の物をじろじろ見ながら、多くの外貨を使って設備を外国から購入しようとだけする傾向はなくさなければなりません」と工作機械などを輸入に依存することに釘を刺している。北朝鮮は、工作機械などを海外に依存するのをなぜこれほどまでに嫌がるのであろうか。北朝鮮の旧式の工作機械は旧ソ連から持ち込まれたものがほとんどである。これは、「テレビ連続劇」や「映画」に登場する工作機械の文字盤がしばしばロシア語になっていることからも分かる。ソ連が崩壊し、取引がハードカレンシー化してそれらの機械の保守がほとんど不可能な状況に陥ったので、その轍を踏まないように国産化にこだわるのであろうか。発想としては、良好な国際関係を維持しながら、韓国のように外国製(韓国の場合は日本製)の工作機械を使い生産を増大させていく方法もあり得るはずだが、そういう発想はないようだ。

    金正恩演説では「軽工業工場と商業機関との間で、生産された製品が不法に取引される現象をなくし」と工場と商店の間で製品の横流しが行われている現状に対する認識も示している。彼の演説で批判されるくらいなので、相当一般的にこうしたことが行われているということがうかがわれる。

    同演説の終わりの部分では、党幹部(イルクン)についても述べているが、ここでも「今日、我々の党幹部の中で生じている輸入病は、軽工業発展の障害となっています」と安易な輸入を戒めている。ここでいっている輸入が上で書いた生産設備の輸入を指すのか、消費財自体の輸入を指すのかは分からないが、いずれにしても現場では自力更生に固執しているよりも、中国から調達した方が容易であるという風潮が蔓延しているのであろう。

    しかし、そのようなことが繰り返し指摘されても改善されないのか「今、一部の党組織では、党の方針が提示されると初期には一生懸命努力するが、一定の期間が過ぎるとその執行をやめてしまう傾向がある」とし、こうした態度は改めなければならないと戒めている。

    金正恩演説からは、色々と困っていることは伝わってくるが、それを改善するにしても精神主義以外にこれといった方策が全く示されていない。北朝鮮の経済システムが既に限界に来ているということの表れであろうが、それをどう乗り越えようとしているのか、朝鮮大学校の経済学担当者が言っていたように「金日成主義の経済」を建設するにしても、それが人民生活の向上であるとすれば、その方途についてはフレキシビリティーがあってもよいはずだ。

    『労働新聞』、「경애하는 김 정 은동지께서 전국경공업대회에서 하신 연설」、
    http://www.rodong.rep.kp/InterKo/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2013-03-19-0001

    2013-03-19-01-01.jpg
    Source: 『労働新聞』、http://www.rodong.rep.kp/InterKo/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2013-03-19-0001

    「朝鮮民主主義人民共和国外務省スポークスマン談話」:我々は核を放棄しない (2013年3月17日 「労働新聞」)

    同様の表題の記事は昨日「朝鮮中央通信」で配信されていたが、17日付けの「労働新聞」にも掲載された。

    記事は「米国の高位当局者」、つまりドニロン国家安全保障問題担当大統領補佐官の発言に反発するもので、「まるで我々の核保有のために情勢が激化しているように事態を歪曲」していると主張している。そして、「米国が黒白を逆転させた詭弁で我々の核保有を非難しながら、敵対視政策に固執する条件の下で、我々は自衛的な核抑止力に関する億千不変の原則的立場を再び明言する」と米国の「敵対視政策」がある限りは「自衛的な核抑止力」放棄しないと主張している。

    また、「我々は、誰それに認められようと核兵器を保有したのでもなく、今後も我々を核保有国として認めてくれとも誰それに懇願することは絶対にない」とし、ドニロンさんが「北朝鮮を核保有国と認めない」と発言したことに反発している。

    そして、北朝鮮の核保有の目的を「侵略の本拠地が地球上のどこであれ無慈悲に懲罰する」ためであると米国を威嚇、「経済的恵沢と交換するための代価として核を保有したと考えるのは誤算である」とし、瀬戸際戦略を展開するための核兵器ではないということを強調し、「核放棄をすれば経済的な支援を受けられる」としてドニロン発言に反発している。

    「談話」は「米国が対朝鮮敵対視政策を放棄しない限り、我々は米国と対話する考えはなく、誰がなんと言っても我々が定めた先軍の航路に従い最後までまっすぐに前進するであろう」と締めくくられている。

    ここで問題なのは、北朝鮮は「対朝鮮敵対視政策」をどのように規定しているのかということである。彼らが究極的には体制を米国に認めさせるための「平和協定」を求めていることは、「休戦協定白紙化」の際にも「平和協定」について話し合いをすべきただという主張をしてきたことからも分かる。しかし、「敵対視政策」放棄が「平和協定」締結であるとするならば、「対話」自体が成り立たなくなってしまう。もちろん、この種の北朝鮮のレトリックではロジックが混乱していることはしばしばあるので珍しいことではないが、この「談話」だけを取り上げれば、対話の糸口を見いだすことはさらに難しくなったといえる。

    『労働新聞』、「조선민주주의인민공화국 외무성 대변인담화」、
    http://www.rodong.rep.kp/InterKo/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2013-03-17-0019

    その系で、米国abc NEWSによる単独インタビューでオバマさんは、北朝鮮の核・ミサイル能力についての認識を次のように示している。放映されたインタビューの中で北朝鮮問題に触れるのは本の短い時間であるが、北朝鮮のミサイルの米本土攻撃能力について質問され「多分攻撃できないであろうが、楽観視するのはよくない」とし、「(米本土を北朝鮮が攻撃できる段階に至るのは)そんなに近い将来の話ではないが、我々は米本土に対する如何なる攻撃にも対処できる防衛体制を整えており、北朝鮮は米本土を攻撃することはできないだろう」と述べている。

    abc NEWS, "President Obama on 'Common Sense Caucus' in GOP",
    http://abcnews.go.com/GMA/video/president-obama-interview-2013-george-stephanopoulos-gma-common-18716865

    オバマ発言には、北朝鮮のミサイル能力が12月12日のロケット発射成功を受けてかなり高まったという認識が表れている。もちろん、それが直近の脅威ではなく、また攻撃されても十分に対処できるという自信は示しているが、一方で放置をしておけばその能力をどんどん高めて行くであろうという危機感も持っているはずである。事実、北朝鮮は1994年の核危機以来、紆余曲折はあったものの、着々と核・ミサイル開発を進めてきた。

    この状況にどのように対処したらよいのか。言い尽くされた「対話と制裁」は原則的に正しいとしても、その方策については八方塞がりの感がある。

    「朝鮮人民軍最高司令官金正恩同志が大延坪島、ベクリョン島打撃に投入される熱戦地域の砲兵軍部隊の実戦能力判定のための実弾射撃訓練を指導された」 (2013年3月14日 「労働新聞」)

    「朝鮮中央TV」もこう題する「録画報道」を放送したが、昨日、サイトへの接続がなかなかできなかった「労働新聞」にも多くの写真付きでこの記事が掲載されている。

    『労働新聞』、「조선인민군 최고사령관 김 정 은동지께서 대연평도,백령도타격에 인입되는 열점지역 포병구분대들의 실전능력판정을 위한 실탄사격훈련을 지도하시였다」、
    http://www.rodong.rep.kp/InterKo/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2013-03-14-0001&chAction=D

    訓練は、記事のタイトルにあるように実弾を使った訓練で、ターゲットは大延坪島にある韓国軍の基地を想定した北朝鮮領の島である。北朝鮮軍がどちらの方向に向けて砲弾を発射しているのかは明らかにされていないが、韓国領に向かって発射したとすればとても危険な挑発である。地域に詳しい人であれば、公開された写真の背景に写っている島から発射方向は特定できるはずであるが、私には分からない。

    沖に見えるのが大延坪島に想定したターゲットの島
    2013-03-14-01-02.jpg
    Source: 『労働新聞』、http://www.rodong.rep.kp/InterKo/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2013-03-14-0001&chAction=D

    金正恩さんは「いつも強調することであるが、現代戦は砲兵戦であり、砲兵の戦闘こそが人民軍隊の戦闘準備であ」ると述べている。砲兵隊へのリップサービスなのかもしれないが、「現代戦は砲兵戦」というのはどうも疑わしい。私は軍事の専門家ではないが、「現代戦は空戦」というのが正しいのではないだろうか。アフガニスタンもイラクも米国の圧倒的な空軍戦力で初戦は圧倒されたはずである。もちろん、その後の泥沼のゲリラ掃討戦ではその空戦力もあまり役立っていないようではあるが。金正恩さんは「砲兵戦の天才」という触れ込みなので、砲兵戦を強調したいということもあるのだろうが、「米帝」と本気で戦うためには空軍力を何とかした方が良い(制裁の嵐の中では不可能であろうが)。

    そして、例によって金正恩さんは「玉柳館(平壌の一流レストラン)で兵士に食事をさせてやれ」と兵士たちを平壌に連れてくるよう指揮官に命じたという。韓米を威嚇するついでに、恩情を施して忠誠心を鼓舞する所などなかなか上手だと思う。

    記念写真の撮影もしているが、両サイドの幹部との間の距離が広いような気がする。親愛さを演出するには、もう少し近づけた方が良いと思うのだが、何か意図があるのだろうか。
    2013-03-14-03-01.jpg
    Source: 『労働新聞』、http://www.rodong.rep.kp/InterKo/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2013-03-14-0001&chAction=D

    「朝鮮人民軍最高司令官金正恩同志が白翎島が至近で見える西部前戦最大の熱戦地域である前哨基地であるウォルネ島防御隊を視察された」 :他視察記事 (2013年3月12日 「労働新聞」)

    「労働新聞」が金正恩さんの視察関係記事を3つ同時に掲載している。2拠点ぐらいの記事を動じ掲載することはあるが、3つ同時というのはあまり多くない。

    その一つ目が表題の記事である。記事には4枚の写真が付けられている(下の2枚と兵士やその家族たちとの集合写真)。

    白翎島(韓国領)を望遠鏡で見る金正恩
    2013-03-12-01-01.jpg
    Source: 『労働新聞』、http://www.rodong.rep.kp/InterKo/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2013-03-12-0001

    白翎島の様子
    2013-03-12-01-02.jpg
    Source: 『労働新聞』、http://www.rodong.rep.kp/InterKo/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2013-03-12-0001

    上の写真からも分かるように、ウォルネ島防御隊の視察は、韓国を威嚇することと金正恩さんの勇敢さを宣伝することである。記事には金正恩さんが「敵艦船が軍事分解線海上水域に接近したら、威圧的な警告射撃を、侵犯したときは強力な照準撃破射撃を加えるよう新たな海上作戦規定に批准された」、「戦闘準備時の実態を正確に確認し、打撃対象物に対する精密打撃手順を最終的に確定」、「我々の火力密度がとても高い、白翎島の敵対象物を3重4重に打撃することができる、白翎島を火の海にすることができる確信があると話された」などとしている。また、
    「非常に危険千万な場所に敬愛する最高司令官をお迎えした」とし彼の勇気を称えている。

    『労働新聞』、「조선인민군 최고사령관 김 정 은동지께서 백령도가 지척에 바라보이는 서부전선 최대열점지역의 전초기지인 월내도방어대를 시찰하시였다」、
    http://www.rodong.rep.kp/InterKo/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2013-03-12-0001

    また、「朝鮮人民軍最高司令官金正恩同志が朝鮮人民軍第641軍部隊管下長距離歩兵9分隊を視察された」という記事では、「侵略挑発策動に熱を上げている白翎島の敵共を打撃消滅する火力任務を担っている」部隊を視察したとし、金正恩さんがこの砲兵部隊を重視しているとした上で「敵が無分別に挑発をすれば、想像することができない強力な打撃で正義の火柱を浴びせ、侵略者共が再び復活できないように完全に叩きつぶせと言われた」としている。金正恩さんの言葉としてこれほど直接的に引用しながら敵を威嚇する例は多くない。

    2013-03-12-03-01.jpg
    Source: 『労働新聞』、http://www.rodong.rep.kp/InterKo/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2013-03-12-0006

    『労働新聞』、「조선인민군 최고사령관 김 정 은동지께서 조선인민군 제641군부대관하 장거리포병구분대를 시찰하시였다」、
    http://www.rodong.rep.kp/InterKo/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2013-03-12-0006

    金正恩さんが軍視察に奔走しているのかと思えば、「敬愛する金正恩元帥様がリョンジョン養魚場を現地指導された」というニュースも伝えている。軍と経済部門の指導を敢えて同時に報じることで、全ての分野での彼の指導力を宣伝するつもりなのであろう。それと同時に厭戦ムードを高めながら、経済建設に拍車をかけるといういつものパターンを繰り返しているともいえる。「20時報道」でもどこそこの企業所の労働者が「米帝」に対する憤怒を露わにしながら、「右手にハンマーを、左手に銃を」と言いながら生産活動に力を入れると言っている場面を紹介する報道が増えている。

    2013-03-12-04-01.jpg
    Source: 『労働新聞』、http://www.rodong.rep.kp/InterKo/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2013-03-12-0009

    『労働新聞』、「경애하는 김 정 은원수님께서 룡정양어장을 현지지도하시였다」、
    http://www.rodong.rep.kp/InterKo/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2013-03-12-0009

    ともあれ、NLL付近の島の部隊を連続で視察し、金正恩さん自身の強い言葉を紹介しているので、同地域における軍事行動の可能性も排除できない。米韓合同軍事演習が同水域で行われているのかは分からないが、米韓側としてもこの水域での訓練は控えているのかもしれない。
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR