FC2ブログ

    北朝鮮のICBM発射に対する「大統領室声明」:さらなる北朝鮮のミサイル発射を誘発する「声明」、見えない落とし所 (2022年11月18日 「聯合ニュースTV」)

    18日午前、北朝鮮がICBMを発射した。

    飛行距離:1000km
    高度:6100km
    速度:マッハ22

    これに対して、韓国・大統領室が以下の通り「声明」を出した。

    『聯合ニュースTV』、2022/11/18 1657、https://www.yonhapnewstv.co.kr/news/MYH20221118013700038?srt=l&d=Y

    ****************************
    (李ジェミョン大統領室副報道官)
    [이재명 / 대통령실 부대변인]

    政府は、今日行われた北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射を強力に糾弾する。
    정부는 오늘 감행된 북한의 장거리 탄도미사일 발사를 강력히 규탄한다.

    北朝鮮のICBM発射は、国連安保理決議に対する明白な違反であり、朝鮮半島と域内の緊張を高調させる重大な挑発である。
    북한의 ICBM 발사는 UN안보리 결의에 대한 명백한 위반이며 한반도와 역내 긴장을 고조시키는 중대한 도발이다.

    国連安保理決議により禁止された北朝鮮の弾道ミサイルプログラムと関連した一切の行為は、いかなる理由であれ正当化することはできない。
    UN 안보리 결의를 통해 금지된 북한의 핵탄도미사일 프로그램과 관련된 일체의 행위는 어떠한 이유로도 정당화될 수 없다.

    政府は北朝鮮の挑発を容認せず、緊密な韓米共調を土台に北朝鮮の挑発に対する責任を追及するために国連及び国際社会と緊密に協力していく。
    정부는 북한의 도발을 용납하지 않을 것이며 긴밀한 한미 공조를 바탕으로 북한의 도발에 대한 책임을 추궁하기 위해 UN 및 국제사회와 긴밀히 협력해 나갈 것이다.

    また、韓米日安保協力をさらに強化していく。
    또한 한미일 안보협력을 더욱 강화해 나갈 것이다.

    政府は北朝鮮のいかなる挑発に対してもこれに即刻膺懲できる圧倒的な対応能力と意思を持っており、北朝鮮はこれを誤判してはならない。
    정부는 북한의 어떠한 도발에 대해서도 이를 즉각 응징할 수 있는 압도적인 대응 능력과 의지를 갖고 있는 바 북한은 이를 오판해서는 안 된다.

    北朝鮮が持続的な挑発を通して得られるものは何もなく、国際社会の対北制裁は継続して強化され、北朝鮮の国際的孤立は深化される。
    북한이 지속적인 도발을 통해 얻을 수 있는 것은 아무것도 없으며 국제사회의 대북제재는 계속 강화되고 북한의 국제적 고립은 심화될 것이다.

    また、北朝鮮の政権の誤った選択による北朝鮮の経済難と塗炭に陥った民生はさらに悪化されるであろう。
    또한 북한 정권의 잘못된 선택에 따른 북한의 경제난과 도탄에 빠진 민생은 더욱 악화될 것이다.

    北朝鮮は挑発を即時中断し、国際社会が支持する大胆な構想に即刻応じることを求める。
    북한은 도발을 즉각 중단하고 국제사회가 지지하는 담대한 구상에 조속히 응할 것을 촉구한다.

    ********************************
    さらなる、北朝鮮のミサイル発射を誘発する「声明」に他ならない。現時点ではこのエスカレーションの落とし所は全く見えていない。

    「朝鮮民主主義人民共和国外務省報道官声明」:一連のミサイル発射は「挑発」に対応する「軍事訓練」 (2022年11月4日 「朝鮮中央通信」)

    4日(深夜、米国時間の昼間)に、「朝鮮中央通信」に以下。

    *********************************
    朝鮮民主主義人民共和国外務省報道官声明
    조선민주주의인민공화국 외무성 대변인성명

    既に我々は米国が自己の安保利益を害する重大な事態発生を願わないのならば、挑発的な「ビジラント・ストーム」連合空中訓練を直ちに注視しなければならないことを明白に警告した。
    이미 우리는 미국이 자기의 안보리익을 해치는 엄중한 사태발생을 바라지 않는다면 도발적인 《비질런트 스톰》련합공중훈련을 당장 중지해야 한다는것을 명백히 경고하였다.

    それは不安定な現軍事停戦体系の下で交戦の相手方を狙った攻撃型戦争演習が招来する可能性がある危険な衝突現象を予防し、なんとしてでも朝鮮半島と地域に安定的な安保環境を作り出そうという朝鮮民主主義人民共和国の平和愛護的な努力と忍耐の発現である。
    이는 불안정한 현 군사정전체계하에서 교전일방을 겨냥한 공격형전쟁연습이 초래할수 있는 위험한 충돌현상을 예방하고 어떻게 하나 조선반도와 지역에 안정적인 안보환경을 마련하려는 조선민주주의인민공화국의 평화애호적인 노력과 인내심의 발현이다.

    憂慮すべき事態発展を目前にし、地域内の国々も朝鮮半島情勢が現不安定局面に瀕することになった脈絡と根源を正確に診断しながら、責任ある当事者が誠意ある実践行動で緊張緩和措置を講ずることを繰り返し訴えている。
    우려스러운 사태발전을 두고 지역내 나라들도 조선반도정세가 현 불안정국면에 처하게 된 맥락과 근원을 정확히 진단하면서 책임있는 당사자들이 성의있는 실천행동으로 긴장완화조치를 취할것을 거듭 호소하고있다.

    しかし米国は朝鮮民主主義人民共和国と地域内の国々の要求と平和的安定環境維持の自明の理知も無視しながら、挑発を抑制して対備するという口実の下、戦略的な連合空中訓練を強行することで応え、我々の正当防衛対応措置を持ち出しながら、4日まで予定されていた訓練期間を延長する決定したのに続き、国連安保理まで招集する挑発的妄動を繰り返している。
    그러나 미국은 조선민주주의인민공화국과 지역내 나라들의 요구와 평화적안정환경유지의 자명한 리치도 외면하고 그 무슨 도발을 억제하고 대비한다는 구실밑에 침략적인 련합공중훈련을 강행하는것으로 대답하였으며 우리의 정당방위대응조치를 걸고 4일까지 예정되였던 훈련기간을 연장하기로 결정한데 이어 유엔안전보장리사회회의까지 소집하는 도발적망동을 거듭하고있다.

    極度に至った米国の軍事的対決狂乱は、朝鮮半島の範囲を超越し、東北アジアの全般的安全環境にも大きな否定的影響を与えている。
    극도에 이른 미국의 군사적대결광란은 조선반도범위를 초월하여 동북아시아의 전반적안전환경에도 커다란 부정적파장을 일으키고있다.

    朝鮮民主主義人民共和国外務省は、米国の無責任で無謀な行為を主権国家の安全に対する重大な侵害、朝鮮半島と地域の平和と安定を願う国際社会の念願に対する破廉恥な朝鮮と烙印し、これを強力に糾弾排撃する。
    조선민주주의인민공화국 외무성은 미국의 무책임하고 무모한 행위를 주권국가의 안전에 대한 엄중한 침해로,조선반도와 지역의 평화와 안정을 바라는 국제사회의 념원에 대한 파렴치한 도전으로 락인하며 이를 강력히 규탄배격한다.

    米国が追従勢力と野合し、連合空中訓練「ビジラント・ストーム」を開始した以後に行われた朝鮮民主主義人民共和国の軍事訓練は、敵対的挑発行為に対する相応な反応であり、行動的警告である。
    미국이 추종세력과 야합하여 련합공중훈련《비질런트 스톰》을 개시한 이후에 진행된 조선민주주의인민공화국무력의 군사훈련은 적대적도발행위에 대한 응당한 반응이며 행동적경고이다.

    現在、醸成された厳重な軍事的対峙状況は明白に米国と南朝鮮が我々に対する「圧倒的対応:を云々しながら史上最大規模の合同空中打撃訓練を行ったことによりもたらされた。
    현재 조성된 엄중한 군사적대치상황은 명백히 미국과 남조선이 우리에 대한 《압도적대응》을 운운하며 사상최대규모의 합동공중타격훈련을 벌려놓은것으로 하여 초래되였다.

    米国と南朝鮮の無分別な対決的選択は、敵対的緊張状態を触発させた根源をそのまま維持することで、朝鮮半島と地域の憂慮すべき不安定な気流を流し続けるという非常に危険な企図と言わざるを得ない。
    미국과 남조선의 무분별한 대결적선택은 적대적긴장상태를 촉발시킨 근원을 그대로 유지함으로써 조선반도와 지역의 우려스러운 불안정기류를 계속 이어가겠다는 매우 위험한 기도라고밖에 달리 볼수 없다.

    朝鮮半島情勢を今日の状況に至らせたのは、地域内の同盟勢力を発動し、制裁圧迫と軍事的威嚇で朝鮮民主主義人民共和国に一方的な武装解除を強要しようという米国に絶対的な責任がある。
    조선반도정세가 오늘의 지경에 이르게 된것은 지역내 동맹세력을 발동하여 제재압박과 군사적위협으로 조선민주주의인민공화국에 일방적인 무장해제를 강요하려는 미국에 절대적책임이 있다.

    米国は自己の常套的な「前提条件のない対話」と「外交を通した問題解決」の立場が国際社会を欺瞞するための煙幕に過ぎず、追い求めている目的はたった一つ、朝鮮半島の持続的な緊張激化と不安定だけであることを世界の前で自らが示した。
    미국은 자기의 상투적인 《전제조건없는 대화》와 《외교를 통한 문제해결》립장이 국제사회를 기만하기 위한 한갖 연막에 불과하며 추구하는 목적은 오직 하나 조선반도의 지속적인 긴장격화와 불안정뿐이라는것을 세계앞에 스스로 드러내놓았다.

    持続的な挑発には持続的な対応が伴うのは当然である。
    지속적인 도발에는 지속적인 대응이 뒤따르기마련이다.

    朝鮮民主主義人民共和国は、自己の自主権と安全利益を侵害しようという敵対勢力共のいかなる企図に対しても絶対に見過ごすことはなく、最後まで超強力対応で応えることを再び明白に闡明する。
    조선민주주의인민공화국은 자기의 자주권과 안전리익을 침해하려는 적대세력들의 그 어떤 기도에 대해서도 절대로 묵과하지 않을것이며 끝까지 초강력대응으로 대답할것임을 다시 한번 명백히 천명한다.

    今後、状勢がどのように発展しても、全く想像できない事態が発生しても、国家の尊厳と自主権、人民の安全を守護するための正義の道から我々は絶対に引き下がらない。
    앞으로 정세가 어떻게 번져지든,그 어떤 상상 못할 사태가 발생하든 국가의 존엄과 자주권,인민의 안전을 수호하기 위한 정의의 길에서 우리는 절대로 물러서지 않을것이다.

    米国は軽挙妄動をしてはならない。
    미국은 경거망동하지 말아야 한다.

    主体111(2022)年11月4日
    주체111(2022)년 11월 4일
    平壌
    평 양(끝)
    www.kcna.kp (주체111.11.4.)
    *****************************************

    「朝鮮民主主義人民共和国国家航空総局報道官談話」:ICAOの北朝鮮非難に対する談話、「戦争状態」だからミサイル発射の「事前通告」はしない (2022年10月8日 「朝鮮中央通信」)

    8日、「朝鮮中央通信」に以下。

    ***************
    朝鮮民主主義人民共和国国家航空総局報道官談話
    조선민주주의인민공화국 국가항공총국 대변인담화

    最近、国債民用航空機構総会第41回会議では、我々のミサイル発射が「国連安保理事会決議」と国際民用航空条約に対する違反となるという「決議」なるものを採択した。
    최근 국제민용항공기구총회 제41차회의에서는 우리의 미싸일발사가 《유엔안보리사회 결의》와 국제민용항공협약에 대한 위반으로 된다는 이른바 《결의》를 채택하였다.

    朝鮮民主主義人民共和国国家航空総局は、これを共和国の自主権を侵奪しようという米国と追従勢力の政治的挑発行為と烙印し、断固として糾弾排撃する。
    조선민주주의인민공화국 국가항공총국은 이것을 우리 공화국의 자주권을 침탈하려는 미국과 그 추종세력들의 정치적도발행위로 락인하고 단호히 규탄배격한다.

    我々のミサイル発射は半世紀以上持続してきた米国の直接的な軍事的脅威から国の安全と地域の平和を守護するための正常で計画的な自衛的措置であり、国際飛行する民用航空機の安全を事前に十分に考慮したものとなり、民用航空の安全はもちろん、周辺国と地域の安全にいかなる脅威や危険も与えなかった。
    우리의 미싸일시험발사는 반세기이상 지속되여오는 미국의 직접적인 군사적위협들로부터 나라의 안전과 지역의 평화를 수호하기 위한 정상적이고 계획적인 자위적조치이며 국제비행하는 민용항공기들의 안전을 사전에 충분히 고려한것으로 하여 민용항공의 안전은 물론 주변국가들과 지역의 안전에 그 어떤 위협이나 위해도 주지 않았다.

    しかし米国は、なんとしてでも我が共和国の自衛権行使を遮ろうと国際民用航空機構を政治化し、我々に対する国際的圧迫を醸成しながら、国際的に公認された航空サービスを中止させるだけではなく、機構成員国である我々との技術活動まで遮断する「決議」を強圧的に採択させた。
    그러나 미국은 어떻게 해서든지 우리 공화국의 자위권행사를 가로막아보려고 국제민용항공기구를 정치화하여 우리에 대한 국제적압박을 조성하면서 국제적으로 공인된 항행봉사를 중지시킨것도 모자라 기구성원국인 우리와의 기술활동까지 차단하는 《결의》를 강압적으로 채택하게 하였다.

    今回の「決議」採択の根拠として持ち出してきた「国連安保理事会決議」について言えば、それはむしろ国際民用航空機構が標準としている国際的な航空サービスを遮断させ、国際航空の安全に脅威を醸成し、成員国の会費送金さえも遮り、機構の財政活動を妨害しており、我々が遵守しなければならないという「事前通知」規定も技術的に戦争状態にある朝鮮半島の現実を全く反映していない。
    이번 《결의》채택의 근거로 들고나온 《유엔안보리사회 결의》에 대해 말한다면 그것은 오히려 국제민용항공기구가 표준으로 내세운 국제적인 항행봉사를 차단시켜 국제항행의 안전에 위협을 조성하고 성원국의 회비송금마저 가로막아 기구의 재정활동을 방해하고있으며 우리가 준수하여야 한다는 《사전통지》규정도 기술적으로 전쟁상태에 있는 조선반도의 현실을 전혀 반영하지 않고있다.

    国際民用航空機構は、朝鮮半島に醸成されている政治軍事的問題を純粋な技術活動とごちゃ混ぜにしながら機構舞台を成員国に対する政治的圧力空間として盗用しようという米国をはじめとした反共和国敵対勢力の策動に便乗するのではなく、公正な立場を取らなければならない。
    국제민용항공기구는 조선반도에 조성되여 있는 정치군사적문제를 순수한 기술활동과 뒤섞으면서 기구무대를 성원국에 대한 정치적압력공간으로 도용하려는 미국을 비롯한 반공화국적대세력들의 책동에 편승할것이 아니라 공정한 립장을 취해야 한다.

    我が国の自主権行使を遮ろうという米国と追従勢力の企ては、国連憲章に反する乱暴な国権侵害行為である。
    우리 국가의 자위권행사를 가로막으려는 미국과 그 추종세력들의 시도는 유엔헌장에 배치되는 란폭한 국권침해행위이다.

    朝鮮民主主義人民共和国国家航空総局は、今後も国際民用航空機構成員国としての自己の義務を責任を持って誠実に履行していき、機構で起こっている米国と敵対勢力の反共和国孤立圧殺策動を絶対に容認せず、より強力に対応していく。
    조선민주주의인민공화국 국가항공총국은 앞으로도 국제민용항공기구성원국으로서의 자기의 의무를 책임적으로 성실히 리행해나갈것이며 기구에서 벌어지고있는 미국과 적대세력들의 반공화국고립압살책동을 추호도 용납하지 않고 보다 강경하게 대응해나갈것이다.

    主体111(2022)年10月8日
    주체111(2022)년 10월 8일
    平壌
    평 양(끝)
    www.kcna.kp (주체111.10.8.)

    ******************************


    B) (ICAO理事会)は、国際航空路上あるいはその付近での北朝鮮による事前通告のない継続的な弾道ミサイルの発射に対する強い非難を表明する。こうした発射は、国際民間航空の安全に重大な脅威となっている。
    b) expressed its strong condemnation of the continued launching of ballistic missiles by
    the Democratic People’s Republic of Korea over or near international air routes
    without advance notification, which seriously threatens the safety of international civil
    aviation;

    「(COUNCIL — 212TH SESSION FIRST MEETING, THE COUNCIL CHAMBER, F RIDAY, 6 O CTOBER 2017, AT 1000 HOURS,
    SUMMARY OF DECISIONS)」、日本外務省、https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000296480.pdf

    に対する反論を「北朝鮮航空総局報道官」が出した。「国際航空路上あるいはその付近」を通過するミサイル発射をする際は「事前通告」をすることがルールになっているようだが、北朝鮮以外の「成員国」はこのルールを遵守しているのだろうか。北朝鮮が朝鮮半島が「技術的に戦争状態にある」ことを「事前通知」できない理由としているところからすると、「事前通知」をしないのは北朝鮮だけという可能性はある。

    「技術的に戦争状態」になくても、軍事的・政治的目的でミサイル発射をするのに、わざわざ「事前通告」をするというのもあり得ない話ではある。北朝鮮は「人工衛星運搬ロケット」を発射する際には、ICAOやIMOに空路や航路の安全に関する事前通告をしている。

    <追記>
    航空管制について少し調べてみた。

    まず、空域には「飛行情報区(Flight Information Region, FIR)」が設定されており、北朝鮮に対しては「平壌飛行情報区」が設定されている。FIRでは「航空機の航行に必要な各種の情報提供活動」が行われるとされており、ミサイル発射の事前通告もその一つと考えられる。
    20221008 FIR
    Source: 日本・国交省、https://www.mlit.go.jp/koku/content/001423394.pdf

    北朝鮮のFIR飛行については、次のような説明があった。

    *********************
    2018年にあった米国との対話以来、北朝鮮はICAOに対して全ての北朝鮮のFIRにおける「航空に危険を及ぼす活動」に関する適切な警告を提供することで合意した。しかし、2019年5月、北朝鮮はノータム(航空士に対する情報提供、NOTAM)による警告をすることなく日本海に向けてのミサイル発射を再開した。
    Following talks with the US in early 2018, North Korea agreed with ICAO that it would provide adequate warning of all “activity hazardous to aviation" within its airspace. However, in May 2019 North Korea resumed launching missiles into the Sea of Japan, without providing any warning by Notam.

    米国は日本海上の北朝鮮空域と海上部分を含む平壌FIRを含む全ての北朝鮮空域の飛行を禁止した。他の国々も事前通告がないロケット発射の危険があるので注意するよう空域警報を出している。
    The US prohibits flights across all North Korean airspace, including the oceanic part of the ZKKP/Pyongyang FIR over the Sea of Japan. Several other countries have airspace warnings in place which advise caution due to the risk posed by unannounced rocket launches.

    主要な危険は、日本海上の平壌FIRの海域におけるミサイルの再突入による落下物である。そのため、飛行ルートは日本列島上あるいはその東を考慮するよう求められている。
    The primary risk is from debris from missile re-entries striking aircraft overflying the oceanic part of the ZKKP/Pyongyang FIR over the Sea of Japan. Consider rerouting to remain over the Japanese landmass or east of it.

    Japan-FIR-Risk-17.png

    Source: SAFE AIRSPACE, Conflict Zone & Risk Database, All current warnings, in one place, https://safeairspace.net/north-korea/
    *********************

    トランプと「元帥様」の間で対話が行われていた時期、北朝鮮が「事前通告」について「合意」したことは知らなかったか忘れていた。しかし、対話が決裂してから北朝鮮は「事前通告」なくミサイル発射を再開し、今日の至っている。2022年の地図は見つからなかったが、落下地点はもっと多くなるであろう。

    上の解説に出てくる「Notam」であるが、花火大会や気球を上げることも含めて、細かな情報提供がなされていることが分かるHPがあった。

    20221008 notman
    Source: http://wxwbntm.info/notammap

    『毎日新聞』に拙ブログ関連記事、購読料を払わないと読めないが・・・ (2022年10月6日 「毎日新聞(ウェブ版)」)

    6日、拙ブログも少しだけ話題に上がる記事が『毎日新聞』(ウェブ版)に掲載された。購読料を払わないと全文は読めないし、拙ブログ関連の話の部分も読めない。
    https://mainichi.jp/articles/20221005/k00/00m/030/216000c

    「共和国創建74周年記念行事」に登場した拙ブログでは「(第1)副部長同志」の「娘」と思われるとした少女に関する記事であるが、イギリスの新聞が取り上げてから話題になり、日本のメディアも騒いでいるようだ。

    Daily Mail, Is this Kim Jong-un's CHILD? Chinese experts believe North Korea tyrant's hidden daughter has been caught on camera in low-key stage debut with his wife, https://www.dailymail.co.uk/news/article-11242149/Is-Kim-Jong-uns-CHILD-Chinese-experts-believe-North-Korea-tyrants-daughter-seen-event.html, 2022/09/23

    上記、Daily Mailに登場する「匿名の北朝鮮アナリスト」とされる「Samhero」なる人物は、dprknow channel の視聴者で、これまでも何回かメールなどでコンタクトしたことがある。この少女に関しても「朝鮮中央TV」を見てというよりも、dprknow channelに掲載された下の動画を見て「そう思った」のであろう。


    Source: KCTV, 2022/09/11

    ミサイル騒ぎになっているので、注目度は高い記事になるのではないかと思う。

    「日本政府は朝日平壌宣言を白紙にした責任を取らなければならない、朝鮮民主主義人民共和国外務省ソン・イルホ大使談話」:20周年に際して「将軍様」の業績、拉致は「全て解決」、「拉致・核・ミサイル」セットで動けず、安倍元首相の功罪 (2022年9月16日 「朝鮮中央通信」)

    16日、「朝鮮中央通信」に以下。

    ***************
    日本政府は朝日平壌宣言を白紙にした責任を取らなければならない
    일본정부는 조일평양선언을 백지로 만든 책임을 져야 한다
    朝鮮民主主義人民共和国外務省ソン・イルホ大使談話
    조선민주주의인민공화국 외무성 송일호대사 담화

    今から20年前に発表された歴史的な朝日平壌宣言は、国家間の不幸な過去を清算し、新たな関係が始まる期待と希望を内外に抱かせた。
    지금으로부터 20년전에 발표된 력사적인 조일평양선언은 두 나라사이의 불미스러운 과거를 청산하고 새로운 관계가 시작될수 있다는 기대와 희망을 내외에 안겨주었다.

    我々は、平壌宣言を朝日関係改善の里程標として重く受け入れ、その履行のために今まで日本側と様々な形式の接触と対話、会談を行いながら粘り強く努力を傾注してきた。
    우리는 평양선언을 조일관계개선의 리정표로 무겁게 받아들이고 그 리행을 위해 지금까지 일본측과 각이한 형식의 접촉과 대화, 회담을 진행하면서 꾸준한 노력을 기울여왔다.

    日本が武力で40年以上、朝鮮を占領し、我々民族の前で犯した罪悪に対して誠実に謝罪をし、応報の賠償と補償をした基礎の上で両国間の結実ある政治、経済、文化的関係を樹立することが平壌宣言に貫通された基本精神である。
    일본이 무력으로 40여년간 조선을 강점하고 우리 민족앞에 저지른 죄악에 대하여 성근하게 사죄하며 응분의 배상과 보상을 한 기초우에서 두 나라사이의 결실있는 정치, 경제, 문화적관계를 수립한다는것이 평양선언에 관통된 기본정신이다.

    しかし日本は、朝日関係の性格と本質を否定し、平壌宣言を「拉致、核、ミサイル問題解決」のためのものとして歪曲しながら、終始一貫、彼らの不純な政治的目的実現に悪用してきた。
    그러나 일본은 조일관계의 성격과 본질을 부정하고 평양선언을 《랍치, 핵, 미싸일문제해결》을 위한것으로 외곡하면서 시종일관 저들의 불순한 정치적목적실현에 악용하였다.

    日本政府は、全て解決された拉致問題を復活させ、罪悪に満ちた歴史は覆い隠し、国内外で反共和国ムードを高めることにおいて手段と方法を選ばず、ありもしない我々の「脅威説」を極大化し、それを名分に侵略的な軍事力を階段式に増強しながら地域の平和と安定を重大に破壊している。
    일본정부는 다 해결된 랍치문제를 부활시켜 죄악에 찬 력사는 덮어버리고 국내외에 반공화국분위기를 고취하는데 수단과 방법을 아끼지 않았으며 있지도 않은 우리의 《위협설》을 극대화하고 그것을 명분으로 침략적인 군사력을 계단식으로 증강하면서 지역의 평화와 안정을 엄중히 파괴하고있다.

    我が国の莫大な人的、物的、政治的財を略奪し、朝鮮民族に前代未聞の不幸と苦痛を与えても反省どころか、いかなる罪の意識さえ感じておらず、むしろ「被害者」に化けようとしている日本の行動こそが偽善の極致と言わざるを得ない。
    우리 나라의 막대한 인적, 물적, 정신적재부를 략탈하고 조선민족에게 전대미문의 불행과 고통을 들씌우고도 반성은커녕 아무러한 죄의식조차 느끼지 않고 오히려 《피해자》로 둔갑해보려는 일본의 행태야말로 위선의 극치가 아닐수 없다.

    朝日平壌宣言が発表された時から20年という歳月が流れたが、日本が行ったことといえば、我が国の自主権と発展権を絞殺する目的の下であらゆる醜悪な制裁措置を立て続けに取りながら、宣言を白紙状態にして両国関係を最悪の対決局面に追いやったことだけである。
    조일평양선언이 발표된 때로부터 스무해라는 세월이 흘렀지만 일본이 해놓은 일이란 우리 국가의 자주권과 발전권을 교살할 목적밑에 온갖 추악한 제재조치들을 련이어 취하면서 선언을 백지상태로 만들고 두 나라 관계를 최악의 대결국면에 몰아넣은것뿐이다.

    日本政府は朝日平壌宣言に対する背信的行為の責任から絶対に逃れることはできない。
    일본정부는 조일평양선언에 대한 배신적행위의 책임에서 절대로 벗어날수 없다.

    我々は日本で行われているあらゆる千万不当で無分別な反共和国、反総連策動の一つ一つに対して落とすところなく記憶しており、必ず計算する。
    우리는 일본에서 벌어지는 온갖 천만부당하고 무분별한 반공화국, 반총련책동의 하나하나에 대하여 빠짐없이 기억하고있으며 반드시 계산할것이다.

    今日の朝日関係状勢が今後いかなる方向に向かうのかは、全的に日本政府の態度如何にかかっている。
    오늘의 조일관계형세가 앞으로 어떤 방향으로 번져지겠는가 하는것은 전적으로 일본정부의 태도여하에 달려있다.

    主体111(2022)年9月15日
    주체111(2022)년 9월 15일
    平壌
    평양(끝)
    www.kcna.kp (주체111.9.16.)
    ******************************

    『労働新聞』には掲載されていないので、対外向け、とりわけ日本向けのメッセージとなる。20年前の2002年9月17日に出された宣言であるが、「将軍様」の業績となるので取り消すことはできず、「白紙にした責任」を全的に日本側に覆い被せている内容となっている。しかし、日本が米国に追従せざるをえない現実もよく分かっており、どのみち何もできないだろうという程度のことしか書かれていない。

    拉致については「全て解決された」という従来の立場を繰り返しており、日本政府が「拉致問題」を使って「反共和国ムードを高め」ているとしている。

    「朝日平壌宣言」は「拉致・核・ミサイル」問題と「過去の清算」を同時並行的に進めることになっており、どちらか一方だけを進めることは宣言の内容からすればできない。上にも書いたように、「核・ミサイル」について日本は米国追従以外の道はなく、現状維持か北朝鮮に対する圧力を高める以外の道はない。「拉致」と「過去の清算」は日朝間の問題ではあるものの、「過去の清算」は「核・ミサイル」により大きな制約を受けており、事実上、何もできない。そのような中で「拉致」だけを言っても、北朝鮮の立場からすれば乗ってくることはないであろう。

    安倍元首相の功罪は色々と言われているが、結果は出せなかったものの朝鮮側に「調査委員会」まで設立させたことは評価できると思うし、「朝日平壌宣言」以降の朝日間の動きとしては大きなものであったと言える。平壌側からは、一部、拉致被害者に関する情報提供があったという日本側の報道があるが、それが事実とすれば、日本国民にほとんど知られていない拉致被害者を日本に連れ戻し、それに対する対価を朝鮮側に支払ったとしても、政権に対する日本国内の肯定的評価はさほど期待できないという理由からそれを覆い隠してしまったとすれば、その部分は大きな罪となる。

    「元帥様」は、最近の最高人民会議朝鮮人民会議演説で人民に対する「ワクチン接種」について触れたが、期限切れにして廃棄するぐらいならモデルナを北朝鮮に積極的に提供するという道もありそうだ。北朝鮮は「そんな代物」は受け取らないだろうが、シノバックよりも効果がありそうだとは思っているのではないだろうか。

    朝米、北南関係が八方塞がりの中、朝日関係が改善に向かうかといえば、現時点、朝日関係改善の端緒は見えない。

    朝米関係に影響があるとすれば、米国の中間選挙の結果だろうか。
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR