FC2ブログ

    北朝鮮、連続して短距離弾道ミサイル発射:ハリスは板門店で北朝鮮を非難、米艦が日本海で軍事訓練をする最中に軌道予測が困難なミサイルを日本海に向けて発射、「危険千万」 (2022年9月29日 「聯合ニュースTV」)

    26日から米空母ロナルドレーガンなどが参加する大規模韓米合同軍事演習が始まり、29日には米副大統領のハリスが板門店を訪問し、北朝鮮を「独裁国家」、「人権侵害国家」、「不法な核・ミサイル開発国家」などと発言した。

    北朝鮮は、28日18時から18時20分にかけて、平壌国際空港付近から弾道ミサイル2発を発射した。射距離は360km、高度は30km。TELから発射され、イスカンダル型とされている。

    そして、29日20時48分から57分にかけて、平安南道スンチョン付近から再び弾道ミサイル2発を発射。射距離は350km、高度は50km、速度はマッハ5と韓国・合同参謀本部が発表。

    25日以降のミサイル発射について、北朝鮮メディアは伝えていない。明日、今夜の発射までまとめてハリスを非難しながらの報道があるのかどうか。とりわけ、「(第1)副部長同志」が何かを言うのか。あるいは、通常の軍事訓練として何も報じないのか。

    いずれにせよ、日本海で米韓が訓練をやっている最中に日本海に向けて軌道予測が困難なイスカンダル型ミサイルを発射している。米韓側の動きを確認するためとも言えるが、偶発的な自体が発生しないとも限らない危険な発射。

    北朝鮮国連常任代表の金ソンが総会演説で言った「今、米国はこの時にも朝鮮半島周辺で非常に深刻な憂慮を引き起こす合同軍事演習をしようとしており、これは明白に朝鮮半島情勢を戦争直前へと押しやる導火線に火を付ける非常に危険千万な行為」を米艦が行い、それを上回る危険な行為を北朝鮮が行っているという構図と言える。

    国連第77回総会における金ソン北朝鮮常任代表の演説:米国、核関連部分を中心に (2022年9月27日 「UN News」)

    26日(現地時間)北朝鮮の金ソン常任代表の演説(朝鮮語)より米国、核関連部分を中心に。

    ****************
    20220927 dprk us spee333
    Source: UN News, 2022/09/27

    (現在の国際情勢を概観した上で)
    特に国連体系を中心とする現国際秩序を一方的で排他的な西側の価値観により左右される規則に基づく国際秩序へと替えようとしている一部の国の強権と専横により、世界の安保環境は第2次世界大戦以後、最悪の状況に陥っています。

    (北朝鮮の新型コロナ対策の成功例を紹介した上で)
    私はこの機会に委任により我が国の防疫事業に深い関心を振り向け、協力の意向を示した各国と国際機構に謝意を示します。

    今、朝鮮半島の安保環境は、米国と追従勢力の加重される対朝鮮敵対視政策により緊張激化と対決の悪循環から抜け出せずにおり、最近ではより重大な危険ラインに瀕しています。

    米国と追従勢力が彼らの対朝鮮敵対視政策と軍事的威嚇を正当化している基本的な口実の一つがまさに我々の自衛的な核保有問題です。

    数日前にも米国大統領は、まさにこの場でいわゆる真摯で持続的な外交を始めようという努力にもかかわらず、朝鮮民主主義人民共和国が国連制裁を継続して露骨的に違反していると述べました。

    明白にしておきますが、我々は、米国が一方的に作り、彼らの規定を守らないからという理由で圧迫する、そのような国連制裁は認めたこともなく、今後も認めません。

    20220926 un dprk speech1
    Source: UN News, 2022/09/27

    世界には、我が国以外にも多数の核保有国がありますが、朝鮮民主主義人民共和国だけに反対する最も強盗的で極悪な制裁決議に出されたには、まさに思想と制度が異なり、彼らの不当な政策に抵抗するという理由にもならない理由で自主的な我が国を敵対視する米国の強権と専横を国連が黙認したからです。

    今、米国はこの時にも朝鮮半島周辺で非常に深刻な憂慮を引き起こす合同軍事演習をしようとしており、これは明白に朝鮮半島情勢を戦争直前へと押しやる導火線に火を付ける非常に危険千万な行為です。

    朝鮮民主主義人民共和国は、米国と追従勢力の変わりない敵対視政策と軍事的脅威から自己の主権と根本利益を保衛し、朝鮮半島と地域の平和と安全を保障するためのもう一つの正答を見出しました。

    少し前に開催された朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議第14期第7回会議では、全ての朝鮮人民の総意を反映して国家核武力政策と関連した法令が満場一致で採択されました。

    我々に対する米国の敵対視政策と軍事的恐喝が加重されるほど、それを抑止するための我々の力も装備され、継続して強化されるようになっています。

    米国は、朝鮮民主主義人民共和国が米国の敵対視に抗拒し、核武力法令まで採択せざるをえないようにした過去30年間の悪辣な対朝鮮敵対視政策が、まさに今日の現実をもたらしたということを正しく知らなければならず、今後、このような状況をどこまで進ませるのかを熟考しなければなりません。

    20220926 dprk un speech 2
    Source: UN News, 2022/09/27

    朝鮮民主主義人民共和国国務委員長、金正恩同志は、最高人民会議第14期第7回会議で行った施政演説で、現国際情勢は正義と不正義、進歩と反動の間の矛盾、特に、朝鮮半島を取り巻く勢力構図がはっきりとし、米国が提唱する一極世界から多極世界への転換が目に見えて加速化されていると言われました。

    今日世界が直面している重大な危機と挑戦は一つや二つではありませんが、より根本的な脅威は国際平和と安全の根幹を揺るがしながら覇権主義的な一極世界を構築しようとしている米国と追従勢力の強権と専横です。

    米国が主張する規則に基づく国際秩序とは、まさに一方主義的で、覇権主義的な米国的価値観が貫通された米国中心の世界秩序であり、人類共同の利益と国際法に米国の利益を乗せ他国はそれに服従することを要求する帝国主義的な勢力構図です。

    今、米国は、世界を民主主義国家と権威主義国家に分けて、他国に両者択一と陣営対決を強要しており、冷戦時代の遺物である二国間及び多国間軍事同盟を拡大し、世界覇権を維持しようと企図しています。

    (国連と国連安保理が本来の使命を全うすることを主張した上で)

    国連安保理が国際平和と安全を守護するための自己の使命と責任を全うできていない根本原因は、他でもない米国とそれに追従する一部の国連加盟国が不公正でダブルスタンダード的な行動にあります。

    安保理が米国が行った無分別な軍備増強と戦争犯罪行為に対しては一言も言えず、我が共和国の正々堂々たる国防力強化の努力についていちいち問題視していることは、安保理が国際平和と安全保障という自己の任務を遂行することにおいて、国連加盟国の名義で行動する資格と権限を喪失したことを示しています。

    米国のダブルスタンダードと不公正性、強権と専横をなくさない限り安保理が採択するいかなる決定や決議も正当な拘束力を持つことはできず、国際平和と安全に貢献することもできません。

    米国をはじめとした特定国の強権と専横を防ぎ、安保理に対する国際社会の期待を回復するためには、国連加盟国の絶対多数を占めている発展途上国の代表権を拡大、強化することが急務として提起されています。

    (キューバについて述べた後で)

    自主、平和、親善は朝鮮民主主義人民共和国政府の一貫した対外政策的立場です。
    ***************************


    Source: UNHQ, YouTube, 2022/09/27

    「対決狂信者共の下品な醜態」 (2022年9月26日 「我々民族同士」)

    26日、「我々民族同士」に以下。

    ******************
    주체111(2022)년 9월 26일 《우리 민족끼리》

    対決狂信者どもの下品な醜態
    대결광신자들의 비루한 추태

    最近、同族対決狂気が極度に達した傀儡逆賊一味が分別を失い、できること、できないこを分け隔てなく行っている。
    최근 동족대결광기가 극도에 달한 괴뢰역적패당이 분별을 잃고 할짓 못할짓 가리지 않고있다.

    少し前、米国で行われた第3回南朝鮮米国「拡大抑止力戦略協議体」会議で、尹錫悦逆賊一味がほざいたことがまさにそれである。
    얼마전 미국에서 진행된 제3차 남조선미국《확장억제전략협의체》회의에서 윤석열역적패당이 놀아댄 꼴이 바로 그러하다.

    そこでその者どもは、「憂慮」だの、「圧倒的で決定的な対応」なるものというラッパと共に「拡大抑止手段運用」演習を通した戦略的準備態勢強化などを騒ぎ立てながら、何としてでも朝鮮半島に米核戦略資産を引っ張り込もうとやきもきしていた。
    여기서 이자들은 그 무슨 《우려》니, 《압도적이고 결정적인 대응》이니 하는 나발과 함께 《확장억제수단운용》연습을 통한 전략적준비태세강화 등을 떠들어대면서 어떻게 하나 조선반도에 미핵전략자산들을 끌어들이지 못해 안달복달하였다.

    こうした行動が何としてでも北侵核戦争の火種を爆発させようという危険千万な挑発的妄動として朝鮮半島と地域情勢を激化させ、民族の頭の上に核災難をもたらそうという反民族的犯罪行為だということは言うまでもない。
    이러한 행태가 기어이 북침핵전쟁의 불집을 터뜨리려는 위험천만한 도발적망동으로서 조선반도와 지역정세를 격화시키고 민족의 머리우에 핵재난을 몰아오려는 반민족적범죄행위라는것은 두말할 필요도 없다.

    今回の「拡大抑止戦略協議体」会議について南朝鮮メディアと専門家の中から響いてくる非難の声を聞いてみよう。
    이번 《확장억제전략협의체》회의를 두고 남조선언론들과 전문가들속에서 울려나온 비난의 목소리를 들어보자.

    「内容が不明確で、信頼よりも疑心をさらに育てる会議」、「具体的ではなく実効性もない絵空事に過ぎない」・・・
    《내용이 불명확하고 신뢰보다 의구심을 더욱 키운 회의》, 《구체적이지 못하고 실효성도 없는 빈말에 지나지 않는다.》…

    当然の批評、当然の袋だたきだと言える。
    당연한 비평, 응당한 뭇매라 하겠다.

    事実、今回の第3回南朝鮮米国「拡大抑止戦略協議体」会議について言えば、尹錫悦逆徒が去る5月、米国大統領バイデンとの「会談」で低頭哀願しながら物乞いしたのに続いて、逆賊一味が8月中旬に行われた南朝鮮米国「統合国防協議体」会議と9月初めに開催された南朝鮮米国日本「安保室長協議会」で物乞いし、やっと作られた。
    사실 이번 제3차 남조선미국《확장억제전략협의체》회의로 말하면 윤석열역도가 지난 5월 미국대통령 바이든과의 《회담》에서 애걸복걸하면서 비럭질한데 이어 역적패당이 지난 8월중순에 진행된 남조선미국《통합국방협의체》회의와 9월초에 열린 남조선미국일본《안보실장협의회》에서 구걸질을 하여 겨우 마련되였다.

    だからなのか、傀儡逆賊一味は今回の会議を始める前からまるで大きな事でもしでかしたように大騒ぎしながら、見栄を張っていた。
    그래서인지 괴뢰역적패당은 이번 회의를 시작하기전부터 마치 큰일이나 칠듯이 법석 고아대며 희떱게 놀아댔었다.

    「より強化され具体的な拡大抑止方案を最大限協議する」、「米国の核の傘運用に対する深度ある討議」、「もう少し具体的で実のある結果を生み出すだろう」・・・
    《보다 강화되고 구체적인 확장억제방안을 최대한 협의하겠다.》, 《미국의 핵우산운용에 대해 심도있게 론의》, 《좀더 구체적이고 알맹이가 있는 결과를 내놓을것》…

    それでも誰それの「脅威」太鼓を叩きながら、何とかして米国のボスから「核拡大抑止力」を最大限具体的で、常時的に提供受けられる踏み台を作ろうと必死になっていた。
    그리고는 그 누구의 《위협》타령을 늘어놓으며 어떻게 하나 미국상전으로부터 《핵확장억제력》을 최대한 구체적으로, 상시적으로 제공받을수 있는 발판을 마련해보려고 모지름을 써댔다.

    しかしいったい会談の結果はどうだったのか。
    하지만 정작 회담결과는 어떠하였는가.

    発表された「共同声明」なるものを聞いてみると、まさに大山鳴動して鼠一匹だった。
    발표된 《공동성명》이라는것을 들여다보면 그야말로 큰 산이 떠나갈듯하더니 쥐 한마리라는 격이다.

    南朝鮮メディア報道によると、こんかいの「声明」で米国は傀儡一味に従前通りに「拡大抑止力」を提供することと戦略資産の時期適切で効果的な朝鮮半島展開と運営が実現するよう「共調」を強化するなどの極めて一般的で原論的な内容だけを約束したという。むしろ、尹錫悦逆賊一味はボスから米国が追求する東北アジア再覇権野望実現の企てに歩調を合わせることを脅迫されただけではなく「持続的な共調」を約束する文書に印鑑を押さなければならなくなったという。
    남조선언론보도에 의하면 이번 《성명》에서 미국은 괴뢰패당에게 종전대로 《확장억제력》을 제공한다는것과 전략자산의 시기적절하고 효과적인 조선반도전개와 운영이 실현되도록 《공조》를 강화한다는 등의 극히 일반적이고 원론적인 내용들만 약속하였다고 한다. 오히려 윤석열역적패당은 상전으로부터 미국이 추구하는 동북아시아제패야망실현놀음에 보조를 맞출것을 강박당하다못해 《지속적인 공조》를 약속하는 문서에 맞도장을 누르지 않으면 안되였다고 한다.

    こんなことなので、専門家はもちろん社会各界から「周辺国の強い反発だけを引き起こすことになった」、「得たものよりも失ったものが多い」、「やらないほうがましだった」という非難が溢れ出ており、四方から袋だたきにされざるを得なくなった。
    이쯤되니 전문가들은 물론 사회각계에서 《주변국들의 강한 반발만 초래하게 되였다.》, 《얻은것보다 잃은것이 더 많다.》, 《차라리 안한것보다도 못한 회의》라는 비난이 터져나오고 사방에서 뭇매를 맞지 않을수 없는것이다.

    今、尹錫悦逆賊一味は日々、恐ろしく誇示されている我が国の絶対的力と必勝不敗の気性の前で肝を潰したので、彼らの下品な命綱維持の出路を米国のズボンの裾に必死でしがみつくことに見出そうとしたが、それは全く愚かではかない夢に過ぎない。
    지금 윤석열역적패당은 날로 무섭게 과시되고있는 우리 국가의 절대적힘과 필승불패의 기상앞에 혼비백산한 나머지 저들의 비루한 명줄유지의 출로를 미국의 옷섶에 더욱 바싹 매달리는데서 찾으려고 하지만 그것은 한갖 어리석은 개꿈에 불과하다.

    自分の立場も知らず、今回、米国まで出かけて下品な醜態を見せた傀儡逆賊一味こそが実に惨めで愚か極まりないと言わねばならない。
    제 주제도 모르고 이번에 미국에까지 날아가 비루한 추태를 부린 괴뢰역적패당이야말로 참으로 미련하고 어리석기 짝이 없다고 해야 할것이다.

    チャン・ヨンギル
    장 영 길

    25日朝のミサイル発射は報道なし、通常の軍事訓練か連続発射でまとめて報道か (2022年9月26日)

    25日朝に発射された短距離弾道ミサイルに関する報道は、26日の「朝鮮中央通信」などではされていない。通常の軍事訓練の扱いで特段の報道をしないのか、数日内に連続発射をしてまとめて報道するパターンなのかはまだ分からない。

    「元帥様」が26日に報じられた「政治局会議」に出席していないので、ミサイル関連の「指導」をしていた可能性もある。

    「朝鮮労働党中央委員会第8期第10回政治局会議開催」:「元帥様」は出席せず、秋期の収穫が主要議題 (2022年9月26日 「朝鮮中央通信」)

    26日、「朝鮮中央通信」などに以下。

    *************
    朝鮮労働党中央委員会第8期第10回政治局会議開催
    조선로동당 중앙위원회 제8기 제10차 정치국회의 진행

    (평양 9월 26일발 조선중앙통신)

    朝鮮労働党中央委員会第8期第10回政治局会議が9月25日、党中央委員会本部庁舎で開催された。
    조선로동당 중앙위원회 제8기 제10차 정치국회의가 9월 25일 당중앙위원회 본부청사에서 진행되였다.

    会議には朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員と党中央委員会政治局委員、候補委員が参加した。
    회의에는 조선로동당 중앙위원회 정치국 상무위원회 위원들과 당중앙위원회 정치국 위원,후보위원들이 참가하였다.

    敬愛する金正恩同志の委任により、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員であり、党中央委員会組織秘書であるチョ・ヨンウォン同志が会議を司会した。
    경애하는 김정은동지의 위임에 따라 조선로동당 중앙위원회 정치국 상무위원회 위원이며 당중앙위원회 조직비서인 조용원동지가 회의를 사회하였다.

    朝鮮労働党中央委員会政治局は、今年の農業実態を点検し、当該農業政策を徹底して執行するための問題を主要議題として討議し、重要決定書を採択した。
    조선로동당 중앙위원회 정치국은 올해 농사실태를 점검하고 해당 농업정책들을 철저히 집행하기 위한 문제를 주요의정으로 토의하고 중요결정서를 채택하였다.

    政治局会議では、当面する秋期の収穫と脱穀に全ての力量と手段を総動員、総集中させ、糧穀買い入れと供給事業を改善し、党と国家の両国政策執行を阻害しているあらゆる現象との闘争を高強度で展開することについて強調した。
    정치국회의에서는 당면한 가을걷이와 탈곡에 모든 력량과 수단을 총동원,총집중시키며 량곡수매와 공급사업을 개선하고 당과 국가의 량곡정책집행을 저애하는 온갖 현상들과의 투쟁을 강도높이 전개할데 대하여 강조되였다.(끝)

    20220926 PIC0070229
    Source: KCNA, 2022/09/26

    www.kcna.kp (주체111.9.26.)
    ****************************

    「元帥様」は出席せず。
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR