FC2ブログ

    『朝鮮民主主義人民共和国、朴ミョンホ外務省副相談話」:米国の台湾介入を非難、朝鮮半島への影響も (2021年10月22日 「朝鮮中央通信」)

    22日、「朝鮮中央通信」に以下。

    **********************
    朝鮮民主主義人民共和国、朴ミョンホ外務省副相談話
    조선민주주의인민공화국 박명호 외무성 부상 담화

    最近、米国が中国の不可分離の領土である台湾の独立を煽りながら、軍事的緊張を高調させている。
    최근 미국이 중국의 불가분리의 령토인 대만의 독립을 부추기며 군사적긴장을 고조시키고있다.

    今年だけでも米国は、「航行の自由」を口実に各種の軍艦を台湾海洋に随時進入させ、少し前には、同盟国の軍艦まで動員して台湾海峡の情勢を段階的に緊張させている。
    올해에만도 미국은 《항행의 자유》를 구실로 각종 군함들을 대만해협에 수시로 들이밀었으며 얼마전에는 동맹국의 군함까지 동원하여 대만해협의 정세를 계단식으로 긴장시키고있다.

    米国は、不法な「台湾関係法」を前面に掲げて、台湾に対する7億5000万ドルの武器販売計画を発表し、台湾周辺水域で大規模合同軍事演習を行うなど、中国に対する軍事的脅威の度数をさらに高めている。
    미국은 불법적인 《대만관계법》을 전면에 내걸고 대만에 대한 7억 5,000만US$분의 무기판매계획을 발표하였으며 대만주변수역에서 대규모합동군사연습을 벌려놓는 등 중국에 대한 군사적위협도수를 더욱 높이고있다.

    米軍特殊部隊メンバーと米海兵隊派遣隊が、1年以上も台湾に駐屯しながら、台湾軍を訓練した事実は公開された秘密である。
    미군특수부대 성원들과 미해병대 분견대가 1년나마 대만에 주둔하면서 대만군을 훈련시킨 사실은 공개된 비밀이다.

    これは、米国が外面では「一つの中国」政策を堅持するとしているが、実質的には台湾を反中国圧迫道具として、有事に中国を制圧するための前哨基地として使っていることを実証している。
    이것은 미국이 겉으로는 《하나의 중국》정책을 견지한다고 하지만 실지로는 대만을 반중국압박도구로,유사시 중국을 제압하기 위한 전초기지로 써먹고있다는것을 실증해주고있다.

    台湾は、中国の一部であり、台湾問題は徹頭徹尾中国の内政に属する問題である。
    대만은 중국의 한 부분이며 대만문제는 철두철미 중국의 내정에 속하는 문제이다.

    米国の行為は、中華人民共和国に対する露骨な内政干渉であり、国際平和と安定に対する重大な脅威となっている。
    미국의 행위는 중화인민공화국에 대한 로골적인 내정간섭이며 국제평화와 안정에 대한 엄중한 위협으로 된다.

    中国政府が様々な機会に米国に「一つの中国」原則と中国に行った厳粛な公約を実際に行動で徹底して遵守し、台湾といかなる形式の政府級往来も持ってはならず、台湾の分裂主義勢力に誤った信号も送ってはならず、台湾海峡情勢を緊張させる行為をしてはならないことを要求したのは、極めて当然で正当な主張である。
    중국정부가 여러 기회에 미국이 《하나의 중국》원칙과 중국에 한 엄숙한 공약을 실제적인 행동으로 철저히 준수하고 대만과 그 어떤 형식의 정부급래왕도 가지지 말며 대만의 분렬주의세력에게 그릇된 신호도 보내지 말고 대만해협정세를 긴장시키는 행위를 하지 말것을 요구한것은 지극히 당연하고 정당한 주장이다.

    我々は、国家主権と領土を守護し、祖国の統一を必ずや実現しようという中国政府と人民の立場を全的に支持する。
    우리는 국가주권과 령토완정을 수호하며 조국의 통일을 반드시 실현하려는 중국정부와 인민의 립장을 전적으로 지지한다.

    台湾情勢は、朝鮮半島情勢と決して無関係ではない。
    대만정세는 조선반도정세와 결코 무관하지 않다.

    台湾問題に対する米国の無分別な干渉は、朝鮮半島の危険な情勢緊張をさらに促進させる潜在的な危険性を内包している。
    대만문제에 대한 미국의 무분별한 간섭은 조선반도의 위태로운 정세긴장을 더욱 촉진시킬수 있는 잠재적인 위험성을 내포하고있다.

    南朝鮮中東米軍兵力と軍事基地が対中国圧迫に利用されており、台湾周辺に終結している米国と追従勢力の膨大な武力が、いつでも我々を狙った軍事作戦に投入されるということは周知の事実である。
    남조선주둔 미군병력과 군사기지들이 대중국압박에 리용되고있으며 대만주변에 집결되고있는 미국과 추종세력들의 방대한 무력이 어느때든지 우리를 겨냥한 군사작전에 투입될수 있다는것은 주지의 사실이다.

    最初から敵対勢力が、朝中両国が共に行動して台湾と朝鮮半島で軍事的緊張を引き起こす可能性があるという出鱈目な主張を展開しながら、我が国と中国を狙った全方位的な武力配備を積極的に推し進めている現実は、米国が彼らの派遣的地位の維持のために社会主義国である我が国と中国を全て圧殺しようと企図していることを実証している。
    벌써부터 적대세력들이 조중 두 나라가 협동하여 대만과 조선반도에서 군사적긴장을 야기시킬수 있다는 적반하장격의 억지주장을 펴면서 우리 나라와 중국을 겨냥한 전방위적인 무력배비를 적극 다그치고있는 현실은 미국이 저들의 패권적지위유지를 위해 사회주의국가들인 우리 나라와 중국을 다같이 압살하려고 기도하고있다는것을 실증해주고있다.

    米国は、彼らの無謀な内政干渉と分裂策動、露骨なダブルスタンダード行為が、斧で自分の背中を切る悲惨な結末だけをもたらすことを肝に銘じなければならない。
    미국은 저들의 무모한 내정간섭과 분렬책동,로골적인 이중기준행위가 도끼로 제 발등을 찍는 비참한 결과만을 초래할뿐 이라는것을 명심하여야 한다.

    我々は、台湾問題と関連した米国の覇権主義的行動を朝鮮半島情勢との関連の中で覚醒を持って注視し続ける。
    우리는 대만문제와 관련한 미국의 패권주의적행태를 조선반도정세와의 련관속에 각성을 가지고 계속 주시할것이다.

    主体110(2021)年10月22日
    주체110(2021)년 10월 22일
    平壌
    평 양(끝

    韓国、ヌリ・ロケット、衛星軌道進入失敗、「日本スゴイ!」技術、KCTVの番組を意識しすぎる韓国、ダブルスタンダード (2021年10月22日 「聯合ニュースTV」)

    21日に発射された韓国の純国産ロケット、「ヌリ」は、模擬衛星を軌道進入させることに失敗した。北朝鮮は今のところコメントを出していないが、北朝鮮の「自負心」は「天にも届く」境地だったであろう。もちろん、ミサイルを発射しても「衛星運搬ロケット」を発射しても同じ扱いをされ、全て「弾道ミサイル技術を使った安保理決議違反」とされてしまう北朝鮮からすれば、「ダブルスタンダード」に対する怒りの境地でもあったはずだ。

    韓国も北朝鮮も、そして日本ですら、「純国産」が実のところどこまでなのかはよく分からない。「純国産」を言うのであれば、衛星を制御するコンピューターに搭載されているOSからして「純国産」であるべきなのだが、どうなのだろうか。iphoneを振り回しながら、「日本スゴイ!」とばかり、日本の技術だと自慢する人がいるので敢えて書いておけば、「純国産」のTRONというOSは、H2など、日本のロケット制御に使われているという。また、大田区の零細企業町工場で作られている超精密な部品もロケットに使われているのかも知れない。本当の「日本スゴイ!」はこういうところで培われているのだが、iphoneを振り回している人は、そういうことは知らないのであろう。

    話がそれたが、『聯合ニュースTV』は、北朝鮮は韓国の「ヌリ」発射を意識して「光明星-4」の軌道投入を成功させた科学者を称える番組「愛のゴールドシート」を放送したと報じていた。可能性はゼロではないにしても、こればかりは意識しすぎだと思う。「朝鮮中央TV」では、毎月1回程度の頻度でこの番組を放送しているので、偶然、「ヌリ」発射の日と重複しただけではないかと思う。

    20211021 kctv kokkau0328409328 2093ghkhjikds
    Source: KCTV, 2021/10/21

    北朝鮮、現時点では何も言っていないが、そのうちに「ダブルスタンダード」を非難しつつ、「我々が軌道進入に成功した光明星-4」について何か発表するかも知れない。

    朝米直接接触と米国務副長官、韓米「終戦宣言」で調整、ホワイトハウス「対話の門は開かれている」 (2021年10月21日 「聯合ニュースTV」)

    21日、『聯合ニュースTV』によると、米国務副長官が「朝米直接接触があった」と明らかにし、韓米では「終戦宣言」文案に関する調整が進んでいると。

    『聯合ニュースTV』、
    https://www.yonhapnewstv.co.kr/news/MYH20211021004700038?srt=l&d=Y
    https://www.yonhapnewstv.co.kr/news/MYH20211021004500038?srt=l&d=Y

    「自衛-2021」に展示、発射されたSLBMの地上発射、オランダ国防大ミサイル学者の見解 (2021年10月21日)

    昨日、「自衛-2021」に展示された新型SLBMと思われるミサイルの前に地上TELから発射している写真が展示されている件について、オランダ国防大の先生から回答が来た。

    「地上発射型のミサイルをSLBMに改造できるのか」という質問を提起したところ、「それは簡単な話ではない」としつつ、逆は可能で「米国などもSLBMを開発した際には、まず地上からの発射実験を通常している」とのことだった。なので、新型SLBMの前に展示してあったTELからの発射試験はその時のもものということになり、これまで北朝鮮が行ったいずれかの誘導ミサイル発射実験の様子だったのだろう。

    実は、それが今回発射されたSLBMの前段実験だったということのようだ。

    また、SLBMの左の方にある弾道部がオレンジ色で細いミサイルにもミサイル学者は注目している。このミサイルも誘導型弾道弾らしいからであるが、展示されている写真はテストベンチでのもので、まだ発射実験には至っていないようだ。これが、国防科学院が実験を行っとだけ報じられ、写真が公表されなかったミサイルなのかも知れない。

    20211012 miss 09382409238 5ghjkdsoui3
    Source: KCTV, 2021/10/12

    「朝鮮民主主義人民共和国外務省スポークスマン回答」:SLBM発射への米国の反応を非難、「米国と南朝鮮は我々の主敵対象から排除された」とも (2021年10月21日 「朝鮮中央通信」)


    21日、「朝鮮中央通信」に以下。

    *************
    朝鮮民主主義人民共和国外務省スポークスマン回答
    조선민주주의인민공화국 외무성 대변인대답

    (平壌10月21日発 朝鮮中央通信)
    (평양 10월 21일발 조선중앙통신)

    朝鮮民主主義人民共和国外務省スポークスマンは、米国が我々の新型潜水艦発射弾道弾試験発射を不当に問題視していることと関連し、20日、朝鮮中央通信社記者が提起した質問に次のように答えた。
    조선민주주의인민공화국 외무성 대변인은 미국이 우리의 신형잠수함발사탄도탄 시험발사를 부당하게 걸고들고있는것과 관련하여 20일 조선중앙통신사 기자가 제기한 질문에 다음과 같이 대답하였다.

    19日、我々の国防科学院が行った新型潜水艦発射弾道弾試験発射は、中長期的な国防科学発展計画を遂行するための正常な活動の一環であり、周辺国と地域の安全にいかなる脅威も被害も与えなかった。
    19일 우리 국방과학원이 진행한 신형잠수함발사탄도탄 시험발사는 중장기적인 국방과학발전계획을 수행하기 위한 정상적인 활동의 일환이며 주변나라들과 지역의 안전에 그 어떤 위협이나 피해도 주지 않았다.

    それにもかかわらず、米国はホワイトハウスのスポークスマン、国務省のスポークスマン、インド太平洋司令部を前に立たせ、我々の合法的な自衛権行使を国連安保理「決議違反」として、地域の平和と安定に対する「脅威」とししてミスリードし、国連安保理緊急会議招集を要請するなど、甚だしく刺激的な動きを見せている。
    그럼에도 불구하고 미국은 백악관 대변인,국무성 대변인,인디아태평양사령부를 내세워 우리의 합법적인 자위권행사를 유엔안전보장리사회 《결의위반》으로,지역의 평화와 안정에 대한 《위협》으로 오도하며 유엔안전보장리사회 긴급회의소집을 요청하는 등 심히 자극적인 움직임을 보이고있다.

    我々は、米国が主権国家の固有で正当な自衛権行使に非正常的な反応を示していることについて、非常に憂慮する思いをしている。
    우리는 미국이 주권국가의 고유하고 정당한 자위권행사에 비정상적인 반응을 보이고있는데 대하여 매우 우려스럽게 생각한다.

    既に明白にしたように、我々の抑止力は特定の国や勢力を狙ったものではなく、戦争それ自体を防止し、国権を守護するためのものであり、米国と南朝鮮は我々の主敵対象から排除された。
    이미 명백히 밝힌바와 같이 우리의 억제력은 특정한 국가나 세력을 겨냥한것이 아니라 전쟁 그 자체를 방지하고 국권을 수호하기 위한것이며 미국과 남조선은 우리의 주적대상에서 배제되였다.

    我々の今回の試験発射が米国を意識してや狙ったものではなく、純粋に国家防衛のために既に前から計画された事業であるので、米国はそれに対して心配したり苦悩する必要はない。
    우리의 이번 시험발사가 미국을 의식하거나 겨냥한것이 아니고 순수 국가방위를 위해 이미전부터 계획된 사업인것만큼 미국은 이에 대해 근심하거나 고민할 필요가 없다.

    米国が保有していたり、開発中にある同一の武器システムを我々が開発、試験するからと言って、それを非難することは明白なダブルスタンダードであり、朝鮮民主主義人民共和国を敵対視していないという彼らの「真正性」に対する疑惑を増大させるだけである。
    미국이 보유하고있거나 개발중에 있는 동일한 무기체계를 우리가 개발,시험한다고 하여 이를 비난하는것은 명백한 이중기준이며 조선민주주의인민공화국을 적대시하지 않는다는 그들의 《진정성》에 대한 의혹만을 더해줄뿐이다.

    我々の正常で合法的な主権行使を問題視しなければ、朝鮮半島で緊張が誘発されることは絶対に発生しないが、米国と追従勢力共が必死で誤った行動を選択するなら、より重大で深刻な結果を招く触媒として作用する可能性がある。
    우리의 정상적이며 합법적인 주권행사를 걸고들지 않는다면 조선반도에서 긴장이 유발되는 일은 결코 일어나지 않을것이지만 미국과 추종세력들이 한사코 잘못된 행동을 선택한다면 보다 엄중하고 심각한 결과를 초래하는 촉매제로 작용할수 있다.

    我々は既に、米国と国連安保理が危険な「試験弾」をいじくっていることについて強い憂慮を示しておく。
    우리는 이미 미국과 유엔안전보장리사회가 위험한 《시한탄》을 만지작거리는데 대하여 강한 우려를 표한바 있다.(끝)
    *******************

    北朝鮮のSLBM試験発射に対する主として米国の反応を非難する内容であるが、「米国と南朝鮮は我々の主敵対象から排除された」と宣言している点が注目される。これは、2018年の北南、朝米関係の改善とそれに伴う合意文の精神に基づくものであるといえようが、これまで北朝鮮が言ってきた「誰某を狙ったものではない」をより具体的にした表現となっている。

    短距離ではあるが、単なる弾道ミサイルではない、新型の潜水艦発射型の誘導ミサイルを発射すれば当然、米国はそのように反応することは分かっていたはずだが、そうした点からして、強化された攻撃能力を誇示しつつ、北朝鮮は朝米交渉や北南交渉再開に向け、このミサイルを戦術的に非常に有効に活用していることになる。

    国連安保理が招集されても、中露の反対で「声明」などは出されることはないであろう。
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「크는 아바이(成長するオッサン)」

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    2021年1月11日から「総秘書同志」
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人(2018.07.26より「同志」に)

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.


    YouTube dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR